VIVA!SACD

VIVA!SACD

SACD (Super Audio CD) is a high-resolution audio disc format developed by Sony and Philips. Utilizing the Direct Stream Digital (DSD) file format, SACD provides for more accurate sound reproduction than the PCM used in the current CD format.

o, yeah! アルティメイト エアロスミス ヒッツ

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

ディスク 1
1 Mamakin
2 Dream On
3 Same Old Song And Dance
4 Seasons Of Wither
5 Walk This Way
6 Big Ten Inch Record
7 Sweet Emotion
8 Last Child
9 Back In The Saddle
10 Draw The Line
11 Dude (Looks Like A Lady)
12 Angel
13 Rag Doll
14 Janie's Got A Gun
15 Love In An Elevator
16 What It Takes

ディスク 2
1 Other Side
2 Livin' On The Edge
3 Cryin'
4 Amazing
5 Deuces Are Wild
6 Crazy
7 Falling In Love
8 Pink
9 I Don't Want To Miss A Thing
10 Jaded
11 Just Push Play
12 Walk This Way
13 Girls Of Summer
14 Lay It Down

SACD2002  シングルレイヤー  ステレオ


レーベルの枠を飛び越えた究極ベスト。といっても「イート・ザ・リッチ」は入ってません

それ以外はまあ納得の選曲かと思います(そんなファンというわけでもないので・・ライヴには行った事ありますが)

SACDプレイヤーを導入してすぐに入手した1枚ですが、他のSACDアルバムに比べ物足りないな、と眠っていたものでしたが、壁コンセントを替えたり色々調音したからですかね、改めて聴くと以前よりもいいです

SACDらしい立体感はありますし、ディスク1の2、7、ディスク2の3などではさすがの音の広がり
ですが
SACDでなくちゃ!という程のインパクトはないです(CDとSHMの差ぐらいか?)比べてみたら、ああ確かに、くらい

比較的SACD初期の作品ですから、まだ技術的なものがイマイチなのかもしれませんね。といっても超お気に入りのダイアナ・クラール「ホエン・ルック・イン・ユア・アイズ」も同じ年の2002年。レーベルの問題なのかも知れません(これは内容も音も素晴らしい)。エアロと同じソニー村下孝蔵SACDも評判がイマイチですしね

広く聴かれる機会が多いであろうメジャーアーティストだけに、SACDの実力を満天下に知らしめるには最高だと思うのですがね・・

ぜひとも技術もこなれてきた(CD初期も酷かったですからね)今、エアロのアルバムを最新マスタリング、ハイブリット仕様で出しなおしてほしい


と、辛辣な評価ですが、もっと良いプレイヤーで聴けば良いのかも(私のは下の上くらい)。

お薦め度☆