VIVA!SACD

VIVA!SACD

SACD (Super Audio CD) is a high-resolution audio disc format developed by Sony and Philips. Utilizing the Direct Stream Digital (DSD) file format, SACD provides for more accurate sound reproduction than the PCM used in the current CD format.

マイルス・デイヴィス  カインド・オブ・ブルー

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

1 ソー・ホワット
2 フレディ・フリーローダー
3 ブルー・イン・グリーン
4 オール・ブルース
5 フラメンコ・スケッチ

SACD2007 ハイブリット マルチch


ジャズの金字塔的名作アルバム。

このアルバムはSACDでも複数の発売がありますが、これは2007年に再発されたハイブリッド盤(2006年DSDマスタリングマルチch」のみ2001年)国内盤

私もジャズは初心者で、偉そうな事は何も言えないのですが、このアルバムは

マイルス・デイヴィス(tp)
ジョン・コルトレーン(ts)
キャノンボール・アダレイ(as)
ビル・エヴァンス(p)
ウィントン・ケリー(p)
ポール・チェンバース(b)
ジミー・コブ(d)

と門外漢でも名前ぐらいは知ってる人達ばかりでしょう

この一枚から、各リーダー作へと進んでみる・・・マイルスを掘り下げる・・・

SACDでジャズの扉を開いてみませんか?

日本を代表する録音マスタリング・エンジニアのオノ・セイゲン氏はCD盤とSACD盤の違いを
「板前の握りたての寿司(SACD)と回転すしで何周もしている寿司(CD)」と表現していた
新鮮なものを新鮮な状態で食べるのか、腹いっぱい食べられたら良いのか、と
それぞれ価値観があるからSACDが最高とは言えませんが、貴方の嗜好に合うのであれば、ぜひ

引用

「マイルスをSACDで聴け!」。CDではいけないのか?まったくそんなことはありません。同じ音楽です。どう例えたら判りやすいでしょうか? 行きつけの寿司屋で目の前にポンと置かれた握りたての寿司を1~4秒以内に口に運ぶのと、友人とビール飲みながら話に夢中になっていて5分たってしまった。あるいは回転寿司で10周くらい廻った皿でも消費期限時間内なら同じく寿司です。その差とは「たったそれだけなの!?」とも「それは大変!」とも捉えられるのです。どちらでしょう?個人の価値観の違いです。味はどうでもいいからお腹いっぱい食べられれば幸せな人。どこかに「個人の歴史」と「記憶」のはなしがありましたが、味覚も聴覚も個人の経験値なのです。音や音楽はどうでもいい人。どうでもいい人は、マイルスなんか聴かなくていいんです。人生の時間の無駄です。だからできるなら、とりわけ初めてこれを聴く子供たちにこそ「マイルスをSACDで聴け!」なのです。「ソー・ホワット」のイントロのピアノ、ベースからリズムが刻まれ、キャノンボール・アダレイコルトレーン、そしてマイルスが、プファー、プファとリフが入ったところでもう鳥肌です。SACDでは演奏のディテイルが全部、聞き取れます。みなさまそれぞれに熱い想いがあると思いますので、あえて私ごときがマイルスについてこれ以上は述べられません。JT (オノ セイゲン)


VIVA!SACD推奨アルバム

Reissue Producer; Bob Belden
Re-mastering engineer : Mark Wilder, Maia Triana, Woody Pornpakoski
Original Recoridng Produced by Irving Townsend
Recording Engineer: Fred Plaut