VIVA!SACD

VIVA!SACD

SACD (Super Audio CD) is a high-resolution audio disc format developed by Sony and Philips. Utilizing the Direct Stream Digital (DSD) file format, SACD provides for more accurate sound reproduction than the PCM used in the current CD format.

DSDダイレクト録音SACD

本日29日発売の

f:id:VIVASACD:20190529141155j:plain

RED LINE 吉田次郎

タワーレコード

Amazon

HMV

ソニーミュージックショップ

ゲットしました。一切のPCMプロセスを経ない無編集DSDダイレクト録音の第4弾。

やはり凄い録音。一発録りの生々しさ、その場をそのまま切り取ってきたかの様な臨場感はさすがのDSD

 

ただ、私このアルバムを昨日朝受け取りまして、ダメだとは分かりつつも、我慢できずに車でかけてしまい。。帰宅後SACDで聴いたら・・全然印象が違います。

「聴く」CDと「体験」するSACDとでも言いましょうか(チープな車との差も大きいのですが)。じっくりと堪能してから鑑賞感想記を上げたいと思います。

 

私がこのシリーズを推すのは、やはりDSD録音のSACDSACDの本領だとの思い。

それをSACDユーザーにこそ聴いて頂きたい。

DSDダイレクト録音の4作品を購入してる、それぞれのアーティストのファンは、殆どがSACDユーザーでは無いであろうと思われます。それにプラスSACDユーザーが購入して、聴いて、評価支持が増えれば、DSD録音のSACDも増えてくれるはず・・

そして非SACDユーザーがその評判を聞いてSACDに興味を持ってくれたらば・・

そんな相乗効果を夢想するのです。

SACDは過去の名盤を現代に蘇らせるメディアでもあります。しかし、1999年以降録音のSACDでリリースされた作品にも、実は名盤が多いのです。音楽文化の未来のためにも、21世紀の名盤をもっと聴いて頂きたい。

 DSDという録音方式は、「音の空気感まで取り込める」というふうに表現されることもあるほど、音質面ではPCMに比べてアドバンテージがあるのだが、いっぽうで編集が困難という事実もある。実際には編集は可能なのだが、Pro Toolsシステムに比べるとその自由度ははるかに少ない。それゆえ、現代の音楽シーンにおいてはなかなか普及しにくいのである。録音、編集から果てはリスナーレベルでも再生するためにはいくつかのハードルを乗り越える必要のあるDSDだが、やはり「ハイレベルな音質」という1点のみにおいて、これを採用する価値があるのだ。

杉田元一(Sony Music Japan Internationalプロデューサー)

このシリーズはいずれもソニー・スタジオでの一発録り無編集ダイレクトDSD録音。

録音・マスタリング・エンジニアは鈴木浩二

f:id:VIVASACD:20190614131056j:plain



f:id:VIVASACD:20190529155412j:plain

CUBIC MAGIC THREESOME

タワーレコード

Amazon

HMV

ソニーミュージックショップ

 

f:id:VIVASACD:20190529155854j:plain

WHATEVER! THREESOME

タワーレコード

Amazon

HMV

ソニーミュージックショップ

 

f:id:VIVASACD:20190529160309j:plain

アコースティック・ウェザー・リポート クリヤ・マコト納浩一則竹裕之

タワーレコード

Amazon

HMV

ソニーミュージックショップ

 

 

吉田次郎の前作

f:id:VIVASACD:20190529161719j:plain

パステル・シェイド 吉田次郎

も名作です

タワーレコード

Amazon

HMV

ソニーミュージックショップ

 


 

vivasacd.hatenablog.com