VIVA!SACD

VIVA!SACD

SACD (Super Audio CD) is a high-resolution audio disc format developed by Sony and Philips. Utilizing the Direct Stream Digital (DSD) file format, SACD provides for more accurate sound reproduction than the PCM used in the current CD format.

世界初録音 プラトゥム・インテグルムの総監督&首席チェロ奏者が、あざやかな腕前で披露する幻のチェロ・ソナタ集 CAROMITIS SACD HYBRID

f:id:VIVASACD:20190814091730j:plain

クレイン: スコルダトゥーラ・ソナタ~変則調弦によるソナタ集 パヴェル・セルビン 、 アレクサンドル・グーリン 、 ハンス・クヌート・スヴェーエン

タワーレコード

 

2009年リリースの再流通盤。私のお気に入りです

プラトゥム・インテグルムの総監督&首席チェロ奏者が、あざやかな腕前で披露するのはヴィヴァルディのそれより前に出版されていた幻のチェロ・ソナタ
もちろん世界初録音!
変則調弦で繰り出される妙音が、おどろくべきバロック・チェロの旨味をじわり醸し出す...

パヴェル・セルビン、アレクサンドル・グーリン(バロックvc)、ハンス・クヌート・シュヴェーン(チェンバロ
クレイン:変則調弦によるチェロ・ソナタ

ヤーコプ・クレイン2世は同名のバレエ振付師の息子で、ヴィヴァルディの『調和の霊感』がアムステルダムで出版された頃、オランダで活躍していた音楽家。そのチェロ・ソナタ集(「作品1」、1716年出版)ってことは…そう!この年代にはまだチェロを独奏楽器に立てた音楽そのものが珍しく(レーオの協奏曲群もヴィヴァルディの協奏曲・ソナタなども、当時はまだ存在すらしていなかったはず)、世界初のチェロ・ソナタではないにせよ、コレッリの影響を感じさせつつ、ヴィヴァルディ的ヴェネツィア風味があざやかに決まる響きが低音域で続くのが、なかなかに斬新です。クレインは現存作品がチェロ作品ばかりで、他のレーベルからも幾つかリリースがありましたが、それらはことごとく1740年代以降のロココ期のものばかりで、この最初期の傑作ソナタ集が録音されたのは、まさに画期的なことなのです。もうひとつ面白いのは、これらのソナタの全てが、通常の調弦より全弦1音高いスコルダトゥーラ(変則調弦)で弾くことになっている点。弦の張力が強めになるぶん、独特の緊張感と音色の妙がチェロにもたらされ、それが「えもいわれぬ響き」につながっているのでしょう!完璧なイタリアン・スタイルの作曲技巧も流布していながら、こうしたドイツ的特殊技法も知られている。さすがは楽譜出版の中心地だっただけあって、当時オランダは意外と音楽先進国だったんですね。

独奏は、ロシアで逸早く古楽グループとして活躍をはじめたプラトゥム・インテグルム・オーケストラを率いる精鋭チェリスト、パヴェル・セルビン――これまでもプラッティの協奏曲集やロシア古典派の室内楽で気の利いたソロを聴かせてきた彼の妙技は、ここへきて全開、曲の美をみごとに引き出してやみません。唯一既存録音のある二重奏ソナタでは、同楽団のもうひとりの俊英グーリンが、これまた絶妙の合いの手で応えます。バロック・チェロの面白さ、渋みと歌心と超絶技巧の競演がここに詰まっています!(マーキュリー)

 

アムステルダム市の劇場の振付師を父に持つ17世紀後半~18世紀前半のオランダの作曲家ヤーコプ・クレイン(1688-1748)。1717年から1746年の間に36曲のソナタを作曲したクレインの最初のソナタ「Op.1」は、1716年、28歳の時の作品。1音高い変則調弦(スコルダトゥーラ)での演奏が求められる「Op.1」は、ヴィヴァルディ以前の知られざるチェロ・ソナタの秀作です。
パヴェル・ゼルビンはロシアのピリオド・オーケストラ、プラトゥム・インテグルムの創設メンバーであり、首席チェロを務めるピリオド・チェリストエンシェント室内管弦楽団やベルゲン・バロックなどとも共演を重ねています。「二重奏曲 Op.2-6」以外は全て世界初録音。 
東京エムプラス

 

 

ヤーコプ・クレイン2世(1688~1748):
・チェロと通奏低音のためのソナタ ハ長調op.1-13
・チェロと通奏低音のためのソナタ ニ長調op.1-14
・チェロと通奏低音のためのソナタ イ短調op.1-17
・チェロと通奏低音のためのソナタ ロ短調op.1-18
・二つのチェロのためのソナタ ト長調op.2-6
アダージョソナタop.1-15より)
アレグロソナタop.1-16より)

パヴェル・セルビン(バロックvc)
アレクサンドル・グーリン(バロックvc)
ハンス・クヌート・シュヴェーン(チェンバロ

 


Jacob Klein (1688-1748) - Sonata in D Major for Cello and BC Op. 1 Nº 14

 

 

vivasacd.hatenablog.com

vivasacd.hatenablog.com

vivasacd.hatenablog.com

vivasacd.hatenablog.com