VIVA!SACD

VIVA!SACD

SACD (Super Audio CD) is a high-resolution audio disc format developed by Sony and Philips. Utilizing the Direct Stream Digital (DSD) file format, SACD provides for more accurate sound reproduction than the PCM used in the current CD format.

BISレーベルより大型新人デビュー カール・ニールセン国際コンクールの覇者、ユーハン・ダーレネが チャイコフスキーとバーバーのヴァイオリン協奏曲を録音

f:id:VIVASACD:20191016155108j:plain

チャイコフスキー&バーバー: ヴァイオリン協奏曲 ユーハン・ダーレネ 、 ダニエル・ブレンドゥルフ 、 ノールショピン交響楽団

タワーレコード

HMV

Amazon

SACDハイブリッド盤。スウェーデンのBISレーベルの社主ロベルト・フォン・バール氏はこれまでエフゲニー・スドビン、アレクサンドル・カントロフなど数多くの若き才能を見出してきました。今回はバール氏大推薦のヴァイオリニスト、ユーハン・ダーレネが堂々のデビュー録音をリリースいたします!バール氏はダーレネが9歳の時からその才能に注目していたという逸材です。
★ユーハン・ダーレネは、2000年スウェーデンのノルショーピングに生まれました。4歳からヴァイオリンを習い、3年後、初めてプロの交響楽団と共演しました。王立ストックホルム音楽大学でペール・エーノクソンに学び、ドラ・シュヴァルツベルク、パメラ・フランク、ゲルハルト・シュルツ、デトレフ・ハーン、ヘンニング・クラッゲルードのマスタークラスに参加しています。ヨーロッパ、中国、南アフリカのオーケストラにソリストとして客演、ローランド・ペンティネン、イングリ・アンスネスたちの共演でリサイタルに出演。2018年には「ノルウェー・クレッシェンド」プログラムでジャニーヌ・ヤンセン、レイフ・オヴェ・アンスネスギドン・クレーメルに教わりました。
デンマークのオーゼンセで行われたカール・ニールセン国際コンクール、2019年ヴァイオリン部門で第1位。2020年/2021年のシーズン、スウェーデン放送交響楽団の「アーティスト・イン・レジデンス」を務めることが決まっています。彼の弾くヴィオリンは、1736年製のアントニオ・ストラディヴァリウスオスロの「アンデシュ・スヴェオース公益基金」から貸与された楽器です。
★ダーレネのBISレーベルへの初めての録音に選んだ作品はチャイコフスキーとバーバーのヴァイオリン協奏曲です!サミュエル・バーバーのヴァイオリン協奏曲は、母校、カーティス音楽学校の理事だったサミュエル・フェルスの委嘱で作曲された作品です。1939年の夏、ジャン・カルロ・メノッティと一緒に旅したスイスで「アレグロ」と「アンダンテ」の2つの楽章を作曲。帰国後、初演者として予定されていたブリセッリから「ヴィルトゥオーゾ性に欠ける」という不満が寄せられたため、「無窮動のプレスト(Presto in moto peerpetuo)」の第3楽章を追加しました。ハーバート・ボーメルとフリッツ・ライナー指揮カーティス音楽学校のオーケストラが私的初演した後、アルバート・スポールディングがユージン・オーマンディ指揮のフィラデルフィア管弦楽団の共演で初演。バーバーの音楽を代表する作品のひとつとされています。ダーレネは抜群のテクニックと10代とは思えないほどの堂々たる演奏を披露しております。
★ユーハン・ダーレネが、2018年/2019年シーズン、「アーティスト・イン・レジデンス」として共演したノルショーピング交響楽団は、1912年に設立され、ヘルベルト・ブロムシュテット、オッコ・カム、広上淳一、オーレ・クリスチャン・ルード、リュー・チャーたちが首席指揮者を務め、スウェーデンを代表するオーケストラのひとつと呼ばれるようになりました。『《ハウス・オブ・カード》交響曲』(KKC 4144/5)などの多くのアルバムを BISレーベルに録音しています。
★指揮者のダニエル・ブレンドゥルフ(1981–)は、ストックホルム県ハーニンゲ生まれ。トゥールレイフ・テデーンとハインリヒ・シフにチェロを学び、2005年、ヨルマ・パヌラの勧めで指揮を始めました。マルメ交響楽団スウェーデン放送交響楽団を指揮したブリッタ・ビューストレムの作品集『見えざる都市』が代表的アルバムです。現在、ダーラナ・シンフォニエッタの首席指揮者を務めています。スウェーデンの音楽家たちが共感を寄せるバーバーの音楽。木々の紅葉が青空に映えるアメリ東海岸の抒情とも異なる、みずみずしい若葉のような抒情が薫ります。

キングインターナショナル

チャイコフスキー(1840–1893):ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 Op.35(1878)
②バーバー(1910–1981):ヴァイオリン協奏曲 Op.14(1939)
ユーハン・ダーレネ(ヴァイオリン)、ノルショーピング交響楽団、ダニエル・ブレンドゥルフ(指揮)
セッション録音:2019年1月/ルイ・ド・イェール・コンサートホール(ノルショーピング、スウェーデン
制作・録音:イェンス・ブラウン(Take5 Music Production)

f:id:VIVASACD:20191016155809j:plain

ノールショピング交響楽団SACD HYBRID:タワーレコード

 

open.spotify.com

まだ幼さが残りますが、甘いマスクのイケメンですね。

こちらがニールセン国際コンクールの模様


Johan Dalene's journey to the finals! #Nielsen2019