VIVA!SACD

VIVA!SACD

SACD (Super Audio CD) is a high-resolution audio disc format developed by Sony and Philips. Utilizing the Direct Stream Digital (DSD) file format, SACD provides for more accurate sound reproduction than the PCM used in the current CD format.

パスカル・ロフェ率いるフランス国立ロワール管の BISレーベル第3弾は ルーセル&デュカスの管弦楽作品集 SACD HYBRID

f:id:VIVASACD:20191021163949j:plain

ルーセル: 蜘蛛の饗宴、デュカス: 魔法使いの弟子 パスカル・ロフェ 、 フランス国立ロワール管弦楽団

タワーレコード

HMV

Amazon

SACDハイブリッド盤。ペイ・ド・ラ・ロワール地域圏のオーケストラ、フランス国立ロワール管弦楽団音楽監督パスカル・ロフェのデュティユー作品集『狼(Le Loup)』(BIS SA-1651)、パスカル・デュサパンの『協奏的作品集』(BIS SA-2262)につづくBISレーベル第3作。「箒、クモ、古典的悲劇」の3つの作品を演奏しています。

デュカスが、ゲーテのバラードを基に「管弦楽のためのスケルツォ」として作曲した《魔法使いの弟子》。ジャック・ルシェの委嘱を受けたルーセルがファーブルの『昆虫記』に基づいて作曲、夏の一日、庭の片隅で虫たちが戦う姿をバレエの音楽にした《蜘蛛の饗宴》。異教徒のキリスト教への改宗をテーマにしたコルネイユの劇によるデュカスの演奏会序曲《ポリュークト》。フランス国立ロワール管弦楽団(ONPL)は、1971年9月、ピエール・デルヴォーが指揮してナントとアンジェで最初のコンサートを行い、1996年から「国立」として活動しています。パスカル・ロフェは、パリ音楽院で学び、アンサンブル・アンテルコンタンポランでピエール・ブーレーズとコラボレートしました。2014年から音楽監督を務めています。
キングインターナショナル

【曲目】
(1)ポール・デュカス(1865-1935):《ポリュークト》序曲(1891)
(2)アルベール・ルーセル(1869-1937):バレエ《蜘蛛の饗宴》Op.17(1912-13)
(3)デュカス:スケルツォ魔法使いの弟子》(1897)

【演奏】
フランス国立ロワール管弦楽団
パスカル・ロフェ(指揮)

【録音】
セッション録音:2018年7月/ナント、フランス
制作:トーレ・ブリンクマン
録音:ファビアン・フランク

f:id:VIVASACD:20200115121616j:plain Arcantus Musikproduktion Fabian Frank

 

パスカル・ロフェSACD HYBRID:タワーレコード

フランス国立ロワール管弦楽団SACD HYBRID:タワーレコード

 

 

vivasacd.hatenablog.com

vivasacd.hatenablog.com

vivasacd.hatenablog.com

vivasacd.hatenablog.com

vivasacd.hatenablog.com