VIVA!SACD

VIVA!SACD

SACD (Super Audio CD) is a high-resolution audio disc format developed by Sony and Philips. Utilizing the Direct Stream Digital (DSD) file format, SACD provides for more accurate sound reproduction than the PCM used in the current CD format.

Winter Rain 吉田次郎とペギー・フレミング

「ウィンター・レイン 」

吉田次郎「RED LINE」の10曲目に収録された曲。

 

私はこのアルバムの「鑑賞感想記」で「ウィンター・レイン 」について

「別れを惜しむかの様な哀愁ナンバー」と書きましたが

6月11日のライヴでのMCで次郎さんは

「昨年亡くなったフランシス・レイミシェル・ルグランに捧げた曲」と。

なるほど、それで「別れを惜しむ」様に思えたのかと合点しました。

そして話は続き

札幌オリンピックの前の、1968年フランス・グルノーブルオリンピックで出場種目全てで優勝する”King Killy”ことアルペン・スキー選手のジャン=クロードキリーと、同じくフィギュアスケートで金メダルのペギー・フレミングが恋人役で登場した、
1967年、翌年に控えるオリンピックを盛り上げるためのドキュメンタリー。
その冒頭の駅に降り立ったシーンで、
ペギー・フレミングがつぶやく「Winter Rain」
いつかこの言葉を使いたかったと。

 

f:id:VIVASACD:20191123081105j:plain

f:id:VIVASACD:20191122175901j:plain

このドラマ、探したのですが分かりません。。検索してもグルノーブル・オリンピックの記録映画「白い恋人たち」しか出てきません(その映画の音楽はフランシス・レイ。アルバム3曲目のフランシス・レイの名曲「男と女」の冒頭は「白い恋人たち」)

このドラマは若かりし頃のカーペンターズも登場し、ビートルズ・ナンバーを歌ったと。NHKで放送されたという情報を得ましたが、そこから先はわからず。。

 

 

次郎さんの曲は情景が浮かんできます。それは映画音楽の巨匠のお二人がルーツとしてあるからなのかと。この曲はフィルム映画のようなノスタルジックさを感じます。

美しいメロディを一音一音、大切に慈しむ様につま弾かれるギター、胸を締め付ける泣きのピアノ、プロデューサーの杉田元一氏によるトロンボーンも哀愁を掻き立てます。

静かな曲ですが、とても印象に残る曲です。

怒涛のテクニカル・ナンバーが多いアルバムのラストにこういう曲があるのもいいですね。

 

f:id:VIVASACD:20190529141155j:plain

吉田次郎 RED LINE

 

タワーレコード

Amazon

HMV

ソニーミュージックショップ

 Sony Music Stereo Hybrid DSD direct Recording

vivasacd.hatenablog.co