VIVA!SACD

VIVA!SACD

SACD (Super Audio CD) is a high-resolution audio disc format developed by Sony and Philips. Utilizing the Direct Stream Digital (DSD) file format, SACD provides for more accurate sound reproduction than the PCM used in the current CD format.

小椋佳 初のダイレクトDSD2.8MHz SACD化 アナログ・マスターテープ全曲使用

f:id:VIVASACD:20191127143823j:plain

小椋 佳 《彷徨》

ステレオサウンド・ストア

 

小椋佳の名アルバム「彷徨(さまよい)」は、1972年にオリジナル盤がプレスされました。

近年ステレオサウンドには多くの読者諸兄から「彷徨」復刻盤制作のリクエストが寄せられており、小椋佳さん、ユニバーサルミュージックのご理解とご協力のもと、2015年にステレオサウンドプレス盤を製作、既に限定数の販売は終了しています。

その復刻アナログ盤の製作では、本格オーディオシステムで愛好家の皆さんにレコード演奏をしていただきたいとの願いを込めて、収録曲はすべてコンディション良好なオリジナル・アナログ・マスターテープからマスタリングを行なって原盤となるラッカー盤をカッティングし、ファースト・メタルマスターからのダイレクトプレス盤として少量生産を行なったレコードでした。

当時このアナログ盤は、大変な好評をいただきましたが、一方で別の要望もありました。「現在はアナログプレーヤーを持っていないので聴けない。同じマスターテープからSACD盤を造って欲しい」と。この声に応えたのが、今回のSACD/CDハイブリッド盤です。

アナログ盤と同じく、ユニバーサルミュージックが良好な状態で保管するオリジナル・マスターテープから、SACD層用の音源はダイレクトにDSD2.8MHz化を行なっています。マスターテープの再生には、コロムビアスタジオでモディファイした、Studer A80再生専用機を使用。音楽信号はコロムビアスタジオのカスタムメイド・アナログコンソールを経由し、Merging Technologies社のPyramix Workstationと共に、Horus ConverterでDSD2.8MHzにA/D変換しSACDを制作しています。

一方のCD層用のPCM音源は、アナログコンソールからの信号を、dCS902 A/DDコンバーターで96kHz/24bitに変換し、コロムビアスタジオのカスタムメイドによるオーディオ・ワークステーションでCDフォーマットのPCM44.1kHz/16bitにマスタリングしています。小椋佳、初のSACD製作を担ったのは、アナログ復刻盤製作と同じく、日本コロムビア株式会社のチーフ・マスタリングエンジニア武沢茂氏です。

ステレオサウンド

 

 

vivasacd.hatenablog.com

vivasacd.hatenablog.com

vivasacd.hatenablog.com

vivasacd.hatenablog.com

vivasacd.hatenablog.com

vivasacd.hatenablog.com

vivasacd.hatenablog.com

vivasacd.hatenablog.com

vivasacd.hatenablog.com

vivasacd.hatenablog.com

vivasacd.hatenablog.com

vivasacd.hatenablog.com

vivasacd.hatenablog.com

vivasacd.hatenablog.com

vivasacd.hatenablog.com