VIVA!SACD

VIVA!SACD

It's time that you took your music to the next level.

ガブリエル・フェルツ&ドルトムント・フィルのマーラー「千人の交響曲」TRITONUS録音!

f:id:VIVASACD:20191226135804j:plain

マーラー: 交響曲第8番 《千人の交響曲》 ガブリエル・フェルツ 、 ドルトムントフィルハーモニー管弦楽団

タワーレコード

Amazon

HMV

リューベック市劇場、ブレーメン劇場のカペルマイスター、アルテンブルク・ゲラ市の管弦楽団および歌劇場の音楽総監督、シュトゥットガルト・フィルの首席指揮者、シュトゥットガルト市の音楽総監督、バーゼル歌劇場の首席客演指揮者という錚々たるポジションを歴任し、2013/14シーズンからは、ドルトムント市の音楽総監督、ドルトムント・フィルの首席指揮者として活躍を続けるドイツ期待のマエストロ、ガブリエル・フェルツ。

フェルツが2003年から2013年まで首席指揮者を務めたシュトゥットガルト・フィルとのマーラー交響曲集は、老舗オンライン・レビュー・サイト「infodad.com」で『ここ数年でもっとも変わった、物議を醸しているサイクル。』と評されるなど、独創的な解釈で話題を呼びました。そして、シュトゥットガルト・フィルとは録音していなかった第8番「千人の交響曲」が、現在の手兵ドルトムント・フィルとの共演でついにリリースされます。
2018年7月に行われたこのライヴ録音は8人の独唱者、123人のオーケストラ、44人の少年合唱団、126人のブラスティラヴァとブルノの合唱団と、ドルトムントのコンツェルトハウスの大きさに合わせた比較的小人数の編成。
注目は、マルクス・ハイランドがトーンマイスターを務める名レコーディング・プロダクション "TRITONUS" によるSACDハイブリッド・マルチチャンネル録音。TRITONUSによる「千人の交響曲」といえば、マイケル・ティルソン・トーマス&サンフランシスコ交響楽団のアルバム(SFS Media)が、2009年のグラミー賞で3冠(Best Classical Album, Best Choral Performance, Best EngineeredAlbum)という偉業を達成しているだけに、新たな「千人の交響曲」録音でも、その優秀録音に大きな期待がかかります。
東京エムプラス

【曲目】
マーラー:交響曲第8番 《千人の交響曲

【演奏】
ガブリエル・フェルツ(指揮)、
ドルトムントフィルハーモニー管弦楽団
エミリー・ニュートン(ソプラノ)、
ミヒャエラ・カウネ(ソプラノ)、
アシュリー・トゥーレ(ソプラノ)、
アイリス・ヴァーミリオン(アルト)、
藤村実穂子(アルト)、
ブレンデン・パトリック・グンネル(テノール)、
マルクス・アイヒェ(バリトン)、
カール=ハインツ・レーナー(バス)、
ブルノ・チェコフィルハーモニー合唱団、
ブラティスラヴァ・スロヴァキア・フィルハーモニー合唱団、
ドルトムント合唱アカデミー少年合唱団

【録音】
ライヴ:2018年7月3日-4日、コンツェルトハウス(ドルトムント)

 

ガブリエル・フェルツSACD HYBRID:タワーレコード

ドルトムント・フィルハーモニー管弦楽団SACD HYBRID:タワーレコード

 

        

       

 

モンキー47 バレルカット [ ジン 500ml ] [ギフトBox入り]モンキー47 バレルカット [ ジン 500ml ] [ギフトBox入り]

Amazon

ドイツ産プレミアムクラフトジン「MONKEY 47 (モンキー 47)」では、47種類のボタニカルを使用したドライジンを特別に選ばれたマルベリー(クワ)樽で180日間熟成させ、ノンチルフィルタード(無ろ過)で瓶詰めした少量生産品「MONKEY 47 BARREL CUT (モンキー 47 バレルカット)」