VIVA!SACD

VIVA!SACD

SACD (Super Audio CD) is a high-resolution audio disc format developed by Sony and Philips. Utilizing the Direct Stream Digital (DSD) file format, SACD provides for more accurate sound reproduction than the PCM used in the current CD format.

サムベークの華やかな技巧冴えわたる ドゥピュイの世界初録音を含むファゴット協奏曲集

f:id:VIVASACD:20200225125022j:plain

モーツァルトウェーバーエドゥアール・ドゥピュイ: ファゴット協奏曲集 ブラム・ヴァン・サムベーク 、 アレクセイ・オグリンチュクスウェーデン室内管弦楽団

 

タワーレコード

Amazon

HMV

 

SACDハイブリッド盤。1980年オランダ生まれのファゴット奏者ブラム・ファン・サムベーク注目の新譜はモーツァルトウェーバー、ドゥピュイのファゴット協奏曲集です。サムベークは2002年から2011年までロッテルダム・フィルハーモニックの首席奏者を務め、2015年からはハーグの王立音楽院で後進の育成にも取り組みながらロンドン交響楽団やエーテボリ交響楽団などのオーケストラで首席ファゴット奏者として客演しています。またBISレーベルから現代フィンランドの作曲家アホ、ファーゲルルンドのファゴット協奏曲の録音(BIS SA 2206)をリリースしております。

注目はドゥピュイのファゴット協奏曲の世界初録音です。ドュピュイはスウェーデンデンマークでヴァイオリニスト、歌手、作曲家として活躍したスイス生まれの音楽家。このファゴット協奏曲でもドゥピュイならではの豊かなメロディが印象的です。近年指揮活動も積極的に取り組むオグリンチュクの好サポートを得てサムベークが自由自在に歌い上げます。ファゴット・ファンにはたまらない新録音の登場です。
キングインターナショナル

【曲目】
(1)モーツァルト(1756-1791):ファゴット協奏曲 変ロ長調 K.191(1774)
(2)ウェーバー(1786-1826):ファゴット協奏曲 ヘ長調 Op.75(1811/1822)
(3)エドゥアール・ドゥピュイ(c.1770-1822):ファゴット協奏曲 ハ短調(1812)【世界初録音】

【演奏】
ブラム・ファン・サムベーク(ファゴット)、
スウェーデン室内管弦楽団
アレクセイ・オグリンチュク(指揮)

【録音】
2019年9月/エレブルー・コンサートホール(スウェーデン)

 

Fagerlund/Aho: Bassoon ConcertFagerlund & Aho - Bassoon Concertos
ブラム・ヴァン・サムベーク 、 オッコ・カム 、 ディーマ・スロボデニュク 、 ラハティ交響楽団

Amazon

タワーレコード