VIVA!SACD

VIVA!SACD

SACD (Super Audio CD) is a high-resolution audio disc format developed by Sony and Philips. Utilizing the Direct Stream Digital (DSD) file format, SACD provides for more accurate sound reproduction than the PCM used in the current CD format.

キングズ・カレッジ・チャペルの極上の響きをリアルに感じる 超絶録音のマタイ受難曲

f:id:VIVASACD:20200311153819j:plain

J.S.バッハ: マタイ受難曲ティーヴン・クレオバリー 、 エンシェント室内管弦楽団ケンブリッジ・キングズ・カレッジ合唱団

タワーレコード

Amazon

HMV icon

 


Bach – St Matthew Passion, Pt. 1: No. 1, Kommt, ihr Töchter, helft mir klagen | Sir Stephen Cleobury

イギリスが世界に誇るケンブリッジ・キングズ・カレッジ合唱団によるマタイ受難曲の登場。指揮のスティーヴン・クレオベリーは収録から半年あまり後の2019年11月に亡くなり、追悼盤ともいえる演奏です。少年合唱もキングズ・カレッジで統一。管弦楽はこれまたイギリス屈指の名門アカデミー・オブ・エンシェント・ミュージック、さらにソリスト陣もガーディナーによる受難曲等でもおなじみの世界的テノール、ギルクリストをはじめとするなんともぜいたくな陣営によるレコーディングとなっております。まず驚かされるのがその録音のクリアかつ豊かな響き。アカデミー・オブ・エンシェント・ミュージックによるマタイ受難曲としては第2弾(第1弾はエガーの指揮)の録音となります。チャペルの極限に豊かな音響により、「十字架につけよ」など厳しい内容の場面やその後に続くコラール、また折々にはさまれる独唱者のアリア、最終曲のコラールなど、えもいわれぬ美しさと表情を湛えています。極上録音と豪華メンバーによる注目の「マタイ受難曲」の登場です。
キングインターナショナル

【曲目】
J.S.バッハ:マタイ受難曲

【演奏】
ジェイムス・ギルクリスト(テノール/福音史家)
マシュー・ローズ(バス/イエス)
ゾフィー・ビーヴァン(ソプラノ)
デイヴィッド・オルソップ(カウンターテナー)
マルク・ル・ブロック(テノール)
ウィリアム・ガウント(バス)
ケンブリッジ・キングズ・カレッジ合唱団
ケンブリッジ・キングズ・カレッジ・スクール合奏団
アカデミー・オブ・エンシェント・ミュージック
サー・スティーヴン・クレオベリー(指揮)

【録音】
2019年4月14-16日、キングズ・カレッジ・チャペル

Recorded at 192kHz 24-bit PCM in the Chapel of King’s College, Cambridge, by kind permission of the Provost and Scholars, 14-16 April 2019.
Producer & Editor Simon Kiln
Engineer Arne Akselberg
Assistant Engineers Matthew Dilley, Lucas Williams
Mastering Simon Gibson
Consultant Claire Long
Easter at King’s management John McMunn
Label management Benjamin Sheen

Bach, J.S.: St John PassionJ.S.バッハ:ヨハネ受難曲

Amazon

タワーレコード

HMV icon

 

スティーヴン・クレオバリーSACD HYBRID:タワーレコード

The Choir of King's CollegeレーベルSACD HYBRID:タワーレコード

 

 

vivasacd.hatenablog.com

vivasacd.hatenablog.com

vivasacd.hatenablog.com

vivasacd.hatenablog.com

vivasacd.hatenablog.com