VIVA!SACD

VIVA!SACD

SACDに特化した偏屈ブログ

レジス・パスキエ、瀬川 祥子をゲストに迎えた フォーレのピアノ五重奏曲 モーツァルト・ピアノ四重奏団

f:id:VIVASACD:20200430112506j:plain

フォーレ: ピアノ五重奏曲全集 モーツァルト・ピアノ四重奏団 、 レジス・パスキエ 、 瀬川祥子

タワーレコード

HMV icon

フォーレ室内楽作品を語る上で欠くことのできない「ピアノ五重奏曲」。フォーレは2曲を残していますが、どちらもフォーレ独特の響きをもつ美しい作品です。1909年に作曲された第1番は、フォーレの人生の充実期であり音楽にも懐深く温かさを感じます。また最晩年に書かれた第2番は、聴覚異常との戦いもあり内省的であり悲壮感が強く出ています。第2番はフォーレ室内楽作品の最高峰とも言われ、フォーレらしい各声部の洗練された絡み合いは聴きどころ。演奏は、今年結成20周年のモーツァルト・ピアノ四重奏団。そして20世紀初頭のパリで大活躍したパスキエ・トリオのヴィオラ奏者ピエール・パスキエの息子で、フランス音楽の香りを直接継承するレジス・パスキエと、パリを中心に活躍する日本人ヴァイオリニスト瀬川 祥子の2人を迎え、これ以上ない布陣です。
キングインターナショナル

【曲目】
フォーレ:
ピアノ五重奏曲第1番ニ短調作品89
ピアノ五重奏曲第2番ハ短調作品115

【演奏】
モーツァルト・ピアノ四重奏団
マルク・ゴトーニ(ヴァイオリン)、
ハルトムート・ローデ(ヴィオラ)、
ペーター・ヘール(チェロ)、
パウル・リフィニウス(ピアノ)
レジス・パスキエ(ヴァイオリン:第1番)
瀬川 祥子(ヴァイオリン:第2番)

 

vivasacd.hatenablog.com

vivasacd.hatenablog.com

vivasacd.hatenablog.com

vivasacd.hatenablog.com