VIVA!SACD

VIVA!SACD

SACD (Super Audio CD) is a high-resolution audio disc format developed by Sony and Philips. Utilizing the Direct Stream Digital (DSD) file format, SACD provides for more accurate sound reproduction than the PCM used in the current CD format.

【タワレコ限定】マルツィの名盤バッハ/無伴奏ヴァイオリン全曲が世界初SACDシングルレイヤー化

f:id:VIVASACD:20200513125611j:plain

J.S.バッハ: 無伴奏ヴァイオリン・ソナタとパルティータ (全曲)<タワーレコード限定> ヨハンナ・マルツィ

タワーレコード

タワーレコード・オリジナル企画盤
Grand Slam x Altus x TOWER RECORDS
レーベル創立20周年記念コラボ企画

 

Altusによる新規マスタリング 世界初SACD化 4,300円+税
平林直哉氏の手による2トラック、38センチ、オープンリール・テープ復刻シリーズの大ベストセラーをGrand Slam初の「SACD シングルレイヤー盤」でリリース。Grand Slamから2019年に発売されたLP(GSLP0001)用に制作されたアナログマスターをもとに、Altusの斎藤啓介氏が最新リマスタリングしたコラボ企画盤
盤面:緑色仕様 平林直哉氏による新規解説付き

【収録曲】
J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタとパルティーBWV 1001-1006(全曲) モノラル録音
【演奏】
ヨハンナ・マルツィ(ヴァイオリン)
【録音】
1955年3月26&27日(BWV1001)、1955年4月27-30日(BWV1002)、
1955年3月27-31日、1955年4月1&2日(BWV1003)、
1954年7月24-26日(BWV1004)、1954年5月1日、1954年6月1-3日(BWV1005)、
1955年5月15-18日(BWV1006) アビーロード・スタジオ(ロンドン)
【初出】Columbia (U.K.) 33CX1286 (Sonata No.1 & Partita No.1)(October 1955) /
33CX1287(Sonata No.2 & Partita No.2)(November 1955) / 33CX1288(Sonata No.3 & Partita No.3)(March 1956)
【Remastering(ANALOG)】2019年に前キングのエンジニアである須賀孝男氏によりLP用のアナログマスターテープを作成。このテープをもとに2020年に今回のSACD用にデジタル化。ADコンバーター「DCS-904」で96kHz/24bitスペックのPCMに変換
【Remastering(DIGITAL)】2020年にAltusレーベルの斎藤啓介氏により、最新マスタリングを行いDSD
【監修】平林直哉

300B book (別冊ステレオサウンド)300B book (別冊ステレオサウンド)

Amazon 

 

オーディオアウトレット:ノジマオンライン

vivasacd.hatenablog.com

vivasacd.hatenablog.com

vivasacd.hatenablog.com