VIVA!SACD

VIVA!SACD

SACD (Super Audio CD) is a high-resolution audio disc format developed by Sony and Philips. Utilizing the Direct Stream Digital (DSD) file format, SACD provides for more accurate sound reproduction than the PCM used in the current CD format.

オーボエ奏者アレクセイ・オグリンチュクの新録音はモーツァルトの“グラン・パルティータ”とベートーヴェン!

モーツァルト: セレナード第10番「グラン・パルティータ」、他
アレクセイ・オグリンチュクロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団メンバー

タワーレコード

HMV icon

Amazon 

SACDハイブリッド盤。ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団の首席オーボエ奏者アレクセイ・オグリンチュク。BISレーベルより積極的なリリースが続いておりますが、当アルバムではモーツァルト『グラン・パルティータ』とベートーヴェンモーツァルトの『ドン・ジョヴァンニ』の『お手をどうぞ』の主題による変奏曲を収録しました。
 全7楽章構成の大曲『グラン・パルティータ』は有名作ながらも名手揃いでないと演奏できないため、この新録音は大歓迎と言えます。近年指揮活動でも着実なキャリアを積むオグリンチュクですが、やはり室内楽アンサンブルは絶品の一言に尽きます。気心の知れたRCOの管楽メンバーと共に音楽の対話を楽しみながら大作に挑みました。
 カップリングは今年(2020年)に生誕250周年を迎えたベートーヴェンの『モーツァルトの『ドン・ジョヴァンニ』の『お手をどうぞ』の主題による変奏曲』です。2本のホルンとコーラングレというユニークな構成の三重奏曲はベートーヴェンの20代後半の作品。ベートーヴェンの語法で書かれたモーツァルトも実に聴きものです。(写真c Marco Borggreve)(輸入元情報)

【収録情報】
1. モーツァルト:セレナード第10番変ロ長調 K.361/370a『グラン・パルティータ』
2. ベートーヴェンモーツァルトの『ドン・ジョヴァンニ』の『お手をどうぞ』の主題による変奏曲ハ長調 WoO.28

 アレクセイ・オグリンチュクオーボエ、指揮:1)
 ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団の管楽メンバー(1)
 ニコリーネ・アルト(オーボエ:2)
 ミリアム・パストール・ブルゴス(コーラングレ:2)

 録音時期:2019年3月、4月
 録音場所:アムステルダム、コンセルトヘボウ内クライネ・ザール
 録音方式:ステレオ(セッション)
 SACD Hybrid
 CD STEREO/ SACD STEREO/ SACD 5.0 SURROUND
 BIS ecopak

アレクセイ・オグリンチュクSACD HYBRID:タワーレコード

 

 


Alexei Ogrintchouk - Bach - Oboe Concerto In F Major, BWV 1053


W.A. Mozart – Oboe Concerto in C Major, KV 314 (WarsawPhil Orchestra, Kaspszyk, Ogrintchouk)