VIVA!SACD

VIVA!SACD

SACDに特化した偏屈ブログ

Eudoraによる、SACDとMQA-CDのハイブリッド仕様リリース第2弾 ベルリン・フィルのヴィオリスト、ホアキン・リケルメが弾くヴィオラのための傑作

エンカウンターズ~ブラームスヒンデミットシューマン、エネスク [SACD Hybrid x MQA-CD]
ホアキンリケルメ・ガルシア 、 エンリケ・バガリ

タワーレコード

 

スペインの高音質レーベル、Eudoraによる、SACDとMQA-CDのハイブリッド仕様によるリリース第2弾。ベルリン・フィルヴィオリストとして長年活躍するスペインの名手、ホアキンリケルメが「Encounters(出会い)」をアルバム・タイトルに、シューマンからエネスクまで約1世紀にわたるヴィオラとピアノのための傑作を濃密に描きます。
ホアキンリケルメは、1983年ムルシア生まれ、ムルシア音楽院、マドリード王立音楽院ベルリン芸術大学などで研鑽を積み、バルセロナ交響楽団の副主席ヴィオラ奏者を務めたあと、2010年からベルリン・フィルの正会員として10年以上ヴィオラ奏者を務めています。ソリストとしても、バーデン=バーデン・フィルやアストゥリアス交響楽団ムルシア交響楽団などと共演。室内楽奏者としても多くのアンサンブルに参加し、エマニュエル・パユ(パユとは2016年にも来日)、イェルク・ヴィトマン、クリスティアン・ツァハリアス、ハルトムート・ローデらと共演。Eudora Recordsでは、フェルディナンド・レバイのソナタ集(EUDSACD1501)やブラームスのピアノ四重奏曲集(EUDSACD1701)、スペインの若手音楽家たちによって結成された室内オーケストラ「カメラータ」のデビュー・アルバム(EUDSACD1605)などに参加しています。伴奏は、同じくスペイン出身のEudoraアーティストの一人、2006年マリア・カナルス・バルセロナ国際ピアノ・コンクールを制したエンリケ・バガリアです。
フォーマットはSACD Stereo/MultichannelとMQA-CDのハイブリッドを採用しており、CD層はMQA対応機器を使用することにより、ハイレゾ音源として再生することができます。
東京エムプラス

【曲目】
ブラームス:ヴィオラソナタ ヘ短調 Op.120-1
ヒンデミット:ヴィオラソナタ Op.114
シューマン:アダージョアレグロ Op.70
エネスク:演奏会用小品

【演奏】
ホアキンリケルメ(ヴィオラ)
エンリケ・バガリア(ピアノ)

【録音
2019年2月5日ー6日
ムルシア(スペイン)

EudoraSACD+MQA第一弾はこちら 

vivasacd.hatenablog.com

ノルウェーの2LレーベルもSACD+MQAでのリリース多いですね

 

vivasacd.hatenablog.com

vivasacd.hatenablog.com

vivasacd.hatenablog.com

vivasacd.hatenablog.com

vivasacd.hatenablog.com

vivasacd.hatenablog.com

 ラドカ・トネフの名盤もSACD+MQAでした 

vivasacd.hatenablog.com