VIVA!SACD

VIVA!SACD

SACDに特化した偏屈ブログ

1873年原典版のノーヴァク校訂第1稿で演奏! ダウスゴーらしい刺激的にして繊細な緩急も交えたブルックナーの交響曲第3番

ブルックナー: 交響曲第3番 (1873年原典版ノーヴァク校訂第1稿)
トーマス・ダウスゴー 、 ベルゲン・フィルハーモニー管弦楽団

タワーレコード

 

SACDハイブリッド盤。数多くの録音で評価を集めるトーマス・ダウスゴー。ベルゲン・フィルハーモニー管弦楽団を振った交響曲第6番(KKC-6150 / BIS SA-2404)は、レコード芸術誌(2020年5月号)の特集「新時代の名曲名盤500」にて同曲のベスト・ワン・ディスクに選ばれており、数多の名盤が揃う同曲でダウスゴー盤がその筆頭として注目されております。期待の新録音は交響曲第3番です!
当録音では1873年原典版のノーヴァク校訂第1稿を使用して演奏しております。「私がこの交響曲を知ったのは第3稿(1889年稿)でしたが、1873年原典版のスコアに立ち返ったとき、自分自身と完全に調和し、そのユニークで実験的なスタイルは最初から最後まで光り輝いていました。絶望と恍惚を感じる、これこそがブルックナーの最も崇高な部分であり、どの版を選択すべきかを自然と導いてくれるものだと思います」と語るダウスゴー。ワーグナーに献呈されたこの交響曲第3番をダウスゴーらしい刺激的にして繊細な緩急を交えた演奏で聴かせます!

交響曲第3番の演奏時間は第1楽章:19'15、第2楽章:15'51、第3楽章:6'05、第4楽章:14'28=56'35です。
キングインターナショナル

【曲目】
ブルックナー:交響曲第3番 ニ短調 WAB.103
(1873年原典版ノーヴァク校訂第1稿)

【演奏】
トーマス・ダウスゴー(指揮)
ベルゲン・フィルハーモニー管弦楽団

【録音】
セッション録音
2019年6月17-21日
グリーグ・ホール、ベルゲン(ノルウェー)

プロデューサー、エディティング&ミキシング:
インゴ・ペトリ(Take5 Music Production)
エグゼクティヴ・プロデューサー:
ロバート・サフ

トーマス・ダウスゴーSACD HYBRID:タワーレコード

アントン・ブルックナーSACD HYBRID:タワーレコード

アントン・ブルックナーSACDシングルレイヤー:タワーレコード