VIVA!SACD

VIVA!SACD

SACDに特化した偏屈ブログ

メロディ・ムーアのカリスマ的歌声! ローレンス・フォスター率いるグルベンキアン管が実力派歌手たちを迎えて「蝶々夫人」を録音

プッチーニ: 歌劇「蝶々夫人
ローレンス・フォスター 、 グルベンキアン管弦楽団 、 メロディ・モーレ 、 ステファーノ・セッコ

タワーレコード

 

PENTATONE

SACDハイブリッド盤。ヴェルディの『オテロ』の録音(PTC-5186562)など、PENTATONEレーベルの顔である指揮者ローレンス・フォスター。期待のオペラ新録音は待ちに待った『蝶々夫人』です!蝶々さんはフォスターが激賞するソプラノ、メロディ・ムーア。彼女もPENTATONEレーベルから数多くの録音を発表しておりますが、その圧倒的な歌声はますます磨きがかかり、ドラマティックな演技力と歌唱力で現代最高のソプラノの一人に数えられます。またピンカートンはステファノ・セッコが、スズキはエリーザベト・クールマンが配役されており、実力派の歌手たちが揃いました。フォスターはこの作品がもつ独創的でドラマティックな構造と卓越したシンフォニックな響きを最大限に引き出しており、その名人芸も堪能できます。名曲ながら意外にも全曲録音、しかもSACDハイブリッドでの新録音が少ないだけに、当盤はオペラ・ファンのみならずオーディオ・ファンにも狂気と言えましょう。
キングインターナショナル

【曲目】
プッチーニ:歌劇『蝶々夫人』(全2幕)

【演奏】
メロディ・ムーア(蝶々さん/ソプラノ)
ステファノ・セッコ(アメリカ海軍大尉ピンカートン/テノール)
エリーザベト・クールマン(スズキ/メゾ・ソプラノ)
レスター・リンチ(長崎駐在アメリカ領事シャープレス/バリトン)
アレクサンダー・カイムバッヒャー(ゴロー/テノール)
ケヴィン・ショート(僧侶ボンゾ/バス=バリトン)
アミタイ・パティ(貴公子ヤマドリ/テノール)
ロリアン・ケーフラー(神官/バス)
ホルヘ・レイリーア(書記、役人/テノール)
ティアゴバティスタ(薬師手/バス)
セシリア・ロドリゲス(蝶々さんの母親/メゾ・ソプラノ)
フィリパ・パッソス(蝶々さんのおば/ソプラノ)
サラ・マルケス(蝶々さんのいとこ/ソプラノ)

グルベンキアン管弦楽団、グルベンキアン合唱団
ホルヘ・マッタ(合唱指揮)
マーリア・レイノ(コンサートマスター)
ローレンス・フォスター(指揮)

【録音】
2019年6月&7月
カルースト・グルベキアン財団大講堂(リスボン)

vivasacd.hatenablog.com

vivasacd.hatenablog.com

vivasacd.hatenablog.com

vivasacd.hatenablog.com