VIVA!SACD

VIVA!SACD

SACDに特化した偏屈ブログ

決定盤登場! イギリスの名匠マイケル・コリンズとスティーヴン・ハフが ブラームスの「3つ」のクラリネット・ソナタを録音

 

ブラームス: "3つ"のクラリネットソナタ
マイケル・コリンズ 、 スティーヴン・ハフ

タワーレコード

Amazon

SACDハイブリッド盤。マイケル・コリンズ小川典子と共演した「パリのクラリネット

レコード芸術誌「特選盤」などで絶賛される中、またしても強力盤の登場。長年の友人で室内楽のパートナーとして絶大な信頼を寄せるスティーヴン・ハフとの共演でブラームスの"3つ"のクラリネットソナタを録音しました!
クラリネットソナタといえば作品120の2曲ですがここではヴァイオリン・ソナタ第2番をコリンズ編曲によるクラリネット版で収録しており「3つのクラリネットソナタ」というアルバム・タイトルが付けられています。
コリンズ編のヴァイオリン・ソナタ第2番は実に優美。全楽章を通じ穏やかで温かい空気を持つ作品ですが、クラリネット版でも非常に美しい世界が広がります。
クラリネット奏者のリヒャルト・ミュールフェルド(1856-1907)の演奏を聴き創作意欲を取り戻し書き上げたのが2つのクラリネットソナタです。枯淡の味わいをもつブラームス晩年の傑作を2人の名手による演奏で聴けるのは非常に喜ばしく、新時代の決定盤登場と申せましょう!
キングインターナショナル

【曲目】
ブラームス:
(1)ヴァイオリン・ソナタ第2番 イ長調 Op.100(マイケル・コリンズ編曲によるクラリネット版)
(2)クラリネットソナタ第1番 ヘ短調 Op.120-1
(3)クラリネットソナタ第2番 変ホ長調 Op.120-2

【演奏】
マイケル・コリンズ(クラリネット/B flat: Yamaha Artist Model SE)
ティーヴン・ハフ(ピアノ/C. Bechstein model D)

【録音】
セッション録音
2020年6月19-21日
ヘンリーウッドホール(ロンドン)

エグゼクティヴ・プロデューサー:ロバート・サフ

f:id:VIVASACD:20211002113034j:plain

 

vivasacd.hatenablog.com

f:id:VIVASACD:20211002120128j:plain