VIVA!SACD

VIVA!SACD

SACDに特化した偏屈ブログ

クラシックの名曲にポピュラー音楽のエッセンスを加えたアレンジ・アルバム マイブルク・アンサンブル「Metamorphosen」

メタモルフォーゼ
マイブルク・アンサンブル

タワーレコード

Amazon


www.youtube.com

Ars Produktion

ハーゲン・フィルハーモニー管弦楽団やケルン放送交響楽団デュッセルドルフ交響楽団のフルート奏者を務めたアネッテ・マイブルクと、彼女が率いるマイブルク・アンサンブルによるアレンジ・アルバム。
マイブルクは、これまでに様々な国のポピュラー演奏者と共演しており、本アルバムでは、お馴染みのクラシックの名曲にポピュラー音楽のエッセンスを加え、古典的なフルートのレパートリーに新たな一面を見出しています。
東京エムプラス

【曲目】
バルトーク(クリストフ・ケーニッヒ編):ルーマニア民族舞曲
ラフマニノフ(クリストフ・ケーニッヒ編):ヴォカリーズ
マーラー(クリストフ・ケーニッヒ編):アダージェット(交響曲第5番嬰ハ短調より)
メンデルスゾーン(クリストフ・ケーニッヒ編):スケルツォ(真夏の夜の夢より)
ラヴェル:2つのヘブライの歌-永遠の謎(パスカル・シュヴェレン編)、カディッシュ(アネッテ・マイブルク編)
ドビュッシー(パスカル・シュヴェレン編):シランクス・リローデッド(原曲:シランクス)
ショパン(パスカル・シュヴェレン編):フレデリックのダンス(原曲:ワルツ第7番 嬰ハ短調 Op.64-2)
アルメニア民謡(パスカル・シュヴェレン編):農民の訴え

【演奏】
マイブルク・アンサンブル
〔アネッテ・マイブルク(フルート)
パスカル・シュヴェレン(ピアノ)
マティアス・ハッカー(コントラバス)
フェティ・アク(パーカッション)〕

【録音】
2021年3月19日-22日

 

vivasacd.hatenablog.com

vivasacd.hatenablog.com

vivasacd.hatenablog.com