VIVA!SACD

VIVA!SACD

SACD (Super Audio CD) is a high-resolution audio disc format developed by Sony and Philips. Utilizing the Direct Stream Digital (DSD) file format, SACD provides for more accurate sound reproduction than the PCM used in the current CD format.

アルバート・キング&スティーヴィー・レイ・ヴォーン  イン・セッション

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

1 Call It Stormy Monday (09:00)
2 Old Times (01:15)
3 Pride and Joy (05:58)
4 Ask Me No Questions (05:03)
5 Pep Talk (00:51)
6 Blues at Sunrise
7 "Turn It Over" (00:50)
8 Overall Junction (08:21)
9 Match Box Blues (07:39)
10 "Who Is Stevie?" (00:43)
11 Don't Lie to Me (08:58)

SACD2003 ハイブリッド ステレオ

1983年に行われたセッションのライヴ録音。人気急上昇で波に乗るスティーヴィー・レイ・ヴォーンが憧れのアルバート・キングとのセッションに嬉々として弾きまくり、御大もついつい熱くなって・・そんな和やかながらもスリリングな模様を堪能できる。99年にCDで発売された時は予約して買った思い出があります。

上京する際にCDを売って軍資金を作らざるを得なかったため、泣く泣く手放したので嬉しい再会です。それがSACDの極上音質でならばこんな嬉しい事はありません

1はTボーン・ウォーカー、4はBBキング、11はハドソン・ホワイトウォーカーの曲で、3はスティーヴィー・レイ・ヴォーン(この曲のみスティーヴィーがヴォーカル)、あとはアルバート・キングの曲
(2、5、7、10はふたりの会話)

個人的には3、4、9がめちゃめちゃ痺れる。泣きのギターには思わず「顔弾き」してしまう。時折聴けるアルバートの掛け声のカッコよさはたまらない。全篇ハイテンションでアグレッシヴなプレイなのでハードロック好きでもいけるはず。直なルーツであるブルースに入るのはうってつけだろう。

ブルースSACDもかなりイケル。他のアルバムも行っておこう・・・