VIVA!SACD

VIVA!SACD

SACD (Super Audio CD) is a high-resolution audio disc format developed by Sony and Philips. Utilizing the Direct Stream Digital (DSD) file format, SACD provides for more accurate sound reproduction than the PCM used in the current CD format.

ミルト・ジャクソン  インヴィテイション

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

モービル・フィデリティ誕生20周年記念盤、シリアルナンバー入り、Mini LP Style Packaging(紙ジャケット仕様)。ULTRADISC UHR GAIN2リマスター。世界限定2500枚。

SACD2007  ハイブリッド  ステレオ 

1.Invitation
2.Too Close For Comfort
3.Ruby, My Dear
4.The Sealer
5.Poom-A-Loom
6.Stella By Starlight
7.Ruby
8.None Shall Wander


ヴィヴラフォンの第一人者、ミルト・ジャクソンのリーダー作。1962年録音
ケニー・ドーハム(トランペット)ジミー・ヒース(テナー・サックス)トミー・フラナガン(ピアノ)、ロン・カーター(ベース)コニー・ケイ(ドラムス)という当時のリヴァーサイドレーベルオールスターともいうべき豪華布陣

1、6のスタンダードナンバーやセロニアス・モンクの3を始め選曲も素晴らしい。
もちろんモービル・フィデリティだけあってその音質は折り紙付き。当然オリジナル・マスター・テープからのマスタリング(by SHAWN R. BRITTON on the GAIN 2 SYSTEM)

ヴィヴラフォンという楽器は現代ポピュラー音楽では馴染みがないかもしれないが、平たく言うと「鉄琴」。というとキンコンカンってやつ?と思われる人もいるかも知れませんが、さにあらず
確かにCDで聴くとキンコンカンな印象もあるかも知れませんが、そこはSACD
ヴィヴラフォンの語源である「ヴィブラート」の響きが脳に直撃する快感です

トランペットにテナーサックスの太い音も痺れます。派手さはないですが、堅実な大人のプレイです

おそらくロン・カーターが一番御馴染みかと思います。80年代サントリーのCMにも単独出演してましたしね。

夜、ひとりでバーボンでもやりながら黄昏る・・そんな時にぴったりの音楽な様に感じます。大人の色気満載


produced by ORRIN KEEPNEWS

recording engineer RAY FOWLER(recorded at PLAZA SOUND STUDIOS;NEW YORK CITY)