VIVA!SACD

VIVA!SACD

SACD (Super Audio CD) is a high-resolution audio disc format developed by Sony and Philips. Utilizing the Direct Stream Digital (DSD) file format, SACD provides for more accurate sound reproduction than the PCM used in the current CD format.

BEYONCE DANGEROUSLY IN LOVE

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

1 Crazy In Love - feat.Jay-Z
2 Naughty Girl
3 Baby Boy - feat.Sean Paul
4 Hip Hop Star - feat.Big Boi / Sleepy Brown
5 Be with You
6 Me, Myself & I
7 Yes
8 Signs - feat.Missy Elliott
9 Speechless
10 That's How You Like It - feat.Jay-Z
11 Closer I Get To You - with Luther Vandross
12 Dangerously In Love
13 Beyonce Interlude
14 Gift From Virgo
15 Daddy

SACD 2003  ハイブリッド  ステレオ/マルチch

元ディスティニーチャイルドのフロント・・・というよりもはや世界の歌姫、ビヨンセの1stソロ。
03年は一般普及を図るためロック/ポップスにタイトル大量投入の年で、今にして思うと生唾ものでしたが、時期尚早でまだまだマニア向け、マニアはクラシックとジャズで相手にされず・・

という訳でロック/ポップスは需要なし!と見切りを付けられ現在に至るのですが・・マニアのみならず「音楽好き」なレベルなら知ってるところまで認知度が高まってる現在なら・・

前置きが長くなりました

さて、果たしてSACD効果はいかに??・・・・結構ありますね。音の広がりはあってCDでは出せない豊富な情報量でゴージャスさが合ってる感じです(音の傾向が違うのでジャズやクラシックとはまた違う「高音質」だと思います)。ファンなら楽しめると思いますし、マルチもとりあえず音分けてみましたという感じですが
クラブなど踊るにはいいかもです。しかし、ファンの大半、9割がた「安く聴きたい」層で携帯で十分であろうだけにアピールは難しい・・

アマゾンなどの通常CDレヴューを見ますと、「ヒット曲以外は地味」という意見もちらほら・・

しかし、SACD効果はむしろその「地味」な曲。踊りよりヴォーカリストとしてのアピールを狙ったんでしょうね。5以降が、特に11が個人的には好きです。5以降を「地味」と評したファンの人がSACDで聴いてどう感想が変わるかは興味深い

SACDでなければ、こんなブログをやってなければ(笑)絶対買ってないアルバムですが、中々どうして楽しめました。ちょくちょく聴いてしまいます

ファン以外も安く手に入るならお試しあれ

Executive Producers:MATHEW KNOWLES and BEYONCE

5.1ch mixed by THOM CADLEY
Mastered by JOSEPH M PALMACCIO