VIVA!SACD

VIVA!SACD

SACD (Super Audio CD) is a high-resolution audio disc format developed by Sony and Philips. Utilizing the Direct Stream Digital (DSD) file format, SACD provides for more accurate sound reproduction than the PCM used in the current CD format.

ハービー・ハンコック  ガーシュウィン・ワールド

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

1 Overture (Fascinating Rhythm) (00:54)
2 It Ain't Necessarily So (04:44)
3 Man I Love (05:57)
4 Here Come de Honey Man (03:58)
5 St. Louis Blues (05:50)
6 Lullaby
7 Blueberry Rhyme (03:31)
8 It Ain't Necessarily So (Interlude) (01:25)
9 Cotton Tail (04:43)
10 Summertime (04:40)
11 My Man's Gone Now (01:55)
12 Prelude in C Sharp Minor (04:45)
13 Concerto for Piano and Orchestra in G, 2nd Movement (09:11)
14 Embraceable You (04:38)

SACD2004  ハイブリッド   ステレオ/マルチch

http://www.amazon.co.jp/Gershwins-World-Hybrid-Herbie-Hancock/dp/B0000X4IRI/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=music&qid=1241176172&sr=1-1


偉大なる現代音楽家ジョージ・ガーシュウィン生誕100周年を記念して行われたとトリビュート盤

主催者はハービー・ハンコックで、参加ゲストにはスティーヴィー・ワンダー(vo, hca)、ジョニ・ミッチェル(vo)、キャスリーン・バトル(vo)、ウェイン・ショーター(ts, ss)、チック・コリア(p)、ロン・カーター(b)、オルフェウス室内管弦楽団 など超豪華

ガーシュウィンのみならず影響を受けたデューク・エリントンラヴェルらの楽曲も収め、またプレイもいつものハンコックでさしずめ「ハンコック・ワールド」でもいいんじゃないかという内容。安易な規格盤とは違うところが良い

内容は流石に良い。特にジョニ・ミッチェルの3、10でのパフォーマンスは極上の一言。この豪華なメンツは生唾もの

オリジナル・マスタリングはマーク・ワイルダーSACDマスタリングはダグ・サックスと共にSACD関連で頻繁に登場する御馴染みエンジニア。間違いない良質な音を堪能できます


produced by ROBERT SADIN

executive producers HERBIE HANCOCK and DAVID PASSICK


mixed by BRUCE SWEDIEN by SONY MUSIC STUDIOS

surround mix by AL SCHMITT assisted by STEVE GENEWICK
at CAPITOL STUDIOS




Herbie Hancock - piano & organ
Madow Dembelle - djembe
Massamba Diop - talking drum
Cyro Baptista - Bireyma Guiye - Cheik Mbaye - percussion
Eddie Henderson - trumpet
Kenny Garrett - alto sax
James Carter - tenor sax
Ira Coleman - bass
Trri Lyne Carrington - drums
Joni Mitchell - vocal
Wayne Shorter - tenor sax
Marlon Graves - guitar
Robert Sadin - percussion programming
Stevie Wonder - vocal & harmonica
Alex Al - bass
Orpheus Chamber Orchestra - Orchestra
Chick Corea - piano
Bakithi Kumalo - bass
Kathleen Battle - soprano
Charles Curtis - cello
Ron Carter - bass