VIVA!SACD

VIVA!SACD

SACD (Super Audio CD) is a high-resolution audio disc format developed by Sony and Philips. Utilizing the Direct Stream Digital (DSD) file format, SACD provides for more accurate sound reproduction than the PCM used in the current CD format.

ムーディーブルース   デイズ・オブ・フューチャー・パスト

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

ディスク1

1 Day Begins (05:34)
2 Dawn: Dawn Is a Feeling (03:46)
3 Morning: Another Morning (04:03)
4 Lunch Break: Peak Hour (07:41)
5 Afternoon: Forever Afternoon (Tuesday?)/Time to Get Away (08:26)
6 Evening: The Sun Set/Twilight Time (06:40)
7 Night: Nights in White Satin (07:21)

ディスク 2
1 Tuesday Afternoon (alternate mix)
2 Dawn Is A Feeling (alternate mix)
3 Sun Set (alternate mix)
4 Twilight Time (alternate vocal mix)
5 Nights In White Satin (mono single version)
6 Fly Me High (mono single version)
7 I Really Haven't Got The Time (mono single version)
8 Love And Beauty (mono single version)
9 Leave This Man Alone (mono single version)
10 Cities (mono single version)
11 Long Summer Days (stereo version)
12 Please Think About It (stereo version)
13 Don't Let Me Be Misunderstood (BBC Saturday Club session)
14 Love And Beauty (BBC Easybeat session)
15 Leave This Man Alone (BBC Easybeat session)
16 Peak Hour (BBC Easybeat session)

2006  CD/SACDハイブリッド(通常CDプレイヤーで再生可)ステレオ/マルチ5.1ch





重厚なオーケストラサウンドとロックの融合。プログレッシヴ・ロックの夜明けは
ムーディー・ブルースから始まった

バンド名の由来が好きな曲のデューク・エリントン「ムード・インディゴ」とR&Bやブルースを演奏するバンドだったので、というムーディーブルース

1stでは文字通りR&Bロックンロールだったようだが(未聴・・)ビートルズの台頭などで行き詰まり、メンバーを交代、クラシックとロックを融合した言葉本来の意味でもプログレッシヴなバンドとして新生する

重厚なオーケストラサウンドと哀愁を帯びた男性ヴォーカルに牧歌的なメロディ、現在ならば「古典」とされる手法も1967年当時としては新しい。かつてレッド・ツェッペリンジミー・ペイジが「本当にプログレッシヴなのはピンクフロイドとムーディーブルースだけだ」と発言した事でもそれは分かる

7の邦題「サテンの夜」が世界的にヒットし、この路線を決定付けた事が大きい。
ロック・スタンダードとして、ジャンルの壁を飛び越えて様々なミュージシャンにカヴァーされている


SACDで驚異的高音質で甦る!

ステレオミックス、マスタリングはオリジナル・マスター・テープからALBERTO PARODIジャスティン・ヘイワードによってイタリアはジェノヴァlogical box studioにて

5.1chサラウンドミックスはPASCHAL BYRNEマーク・パウエルによってロンドンのthe audio archving companyにて

気合を入れた仕事ぶりが素晴らしい、SACD効果は抜群。オーケストラの迫力と繊細さのコントラストが感動的。CDとは音の拡がり、奥行き、が違う。ひたすら聴き続けたいストレスフリーの音。サラウンドでは部屋中を包み込む異次元体験が楽しめる

日本では残念ながらビジネスの絡みで通常CDでのみの発売。

海外は瓶でストレート果汁100%、日本は濃縮果汁を水で薄めたものを紙パックで呑まされているいる様な感じで・・



尚、ディスク2はボーナストラックで通常CD仕様


ジャスティン・ヘイワード(g、vo)
マイク・ピンダー(key,vo)
グレアム・エッジ(ds)
ジョン・ロッジ(b、g、vo)
ロイ・トーマス(fl,vo,horn)

withロンドン・フィスティヴァル・オーケストラ

Conductor - Peter Knight
Engineer - Derek Varnals (tracks: 2.01 to 2.04)
Engineer [Original 1972 Quadraphonic Mixes] - Derek Varnals (tracks: 1.01 to 1.07)
Mixed By [5.1 Mix Manipulation] - Mark Powell (tracks: 1.01 to 1.07) , Paschal Byrne (tracks: 1.01 to 1.07)
Producer - Tony Clarke (tracks: 2.01 to 2.04)
Producer [Original 1972 Quadraphonic Mixes] - Tony Clarke (tracks: 1.01 to 1.07)
Reissue Producer , Compiled By - Mark Powell
Remastered By [Bonus Tracks] - Paschal Byrne (tracks: 2.01 to 2.19)
Remastered By [Stereo Mix] - Alberto Parodi (tracks: 1.01 to 1.07) , Justin Hayward (tracks: 1.01 to 1.07)
Written-By - John Lodge (tracks: 1.04, 1.05b, 2.16) , Justin Hayward (tracks: 1.05a, 1.07, 2.01, 2.05, 2.06, 2.09 to 2.11, 2.15, 2.17, 2.18) , Michael Pinder* (tracks: 1.02, 1.06a, 2.02, 2.03, 2.07, 2.08, 2.12, 2.14) , Ray Thomas (tracks: 1.03, 1.06b, 2.04, 2.19)