VIVA!SACD

VIVA!SACD

SACD (Super Audio CD) is a high-resolution audio disc format developed by Sony and Philips. Utilizing the Direct Stream Digital (DSD) file format, SACD provides for more accurate sound reproduction than the PCM used in the current CD format.

佐藤允彦 plays 富樫雅彦

佐藤允彦プレイズ富樫雅彦 (紙ジャケット仕様)

 

 

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

1 My Wonderful Life
2 Memories
3 Waltz Step
4 Valencia
5 May Breeze
6 Reminisce-'63
7 Song For Domingo
8 Little Star
9 Rumba Of May
10 Little Eyes
11 Spiritual Nature
12 Till We Meet Again

 

2003 SACD/CD HYBRID STEREO DSD-Recording

タワーレコード

Amazon

 

富樫雅彦(とがしまさひこ、1940年3月22日 - 2007年8月22日)は、日本のジャズパーカッショニスト。 13歳の頃よりドラマーの道を目指し始める。翌年にあたる1954年(14歳)で既に、チャーリー石黒率いる東京パンチョスや松岡直也トリオのドラマーの座を得る。その後も10代のうちに八木正生トリオ、秋吉敏子コージー・カルテット、渡辺貞夫コージー・カルテットなど複数のグループでドラマーとして活躍する。 1961年にジャズ・アカデミー[1を結成し、以後フリー・ジャズに傾倒する。1965年に日本初のフリー・ジャズ・グループと言われる富樫雅彦カルテットを結成。この頃には、唐十郎(俳優、劇作家)や足立正生(映画監督)と共に「新宿の三大天才」と呼ばれた。1969年に実験的音響空間集団ESSGを結成。この年、富樫は後世に語り継がれることになるアルバムを連続して生み出す。1月には鈴木弘との双頭コンボで「ヴァリエーション」を録音。3月と7月には佐藤允彦とのトリオで「パラジウム」、「トランスフォーメイション」、「デフォメイション」を録音。4月と6月には宮沢昭と「フォー・ユニッツ」、「いわな」を録音。5月と11月には自身のカルテットで「ウィ・ナウ・クリエイト」、「スピード・アンド・スペイス」を録音。そして12月には映画『略称・連続射殺魔』(監督:足立正生)のためのサウンドトラックとして、高木元輝と「アイソレーション」を録音した。これは富樫が両手両足でドラムを演奏した最後のアルバムとなる。 1970年1月、不慮の事故で脊髄を損傷し下半身不随となるが、5月にはスイングジャーナル誌において読者人気投票ドラマー部門第1位に輝く。約3年半後の1973年7月7日には、「インスピレーション&パワー14 フリージャズ祭」において佐藤允彦とのデュオで復帰する。独自のドラムセットを考案し、両手のみで演奏するパーカッショニストとして、不屈の闘志で活動を再開。1975年には『スピリチュアル・ネイチャー』がスイングジャーナル誌ジャズディスク大賞「日本ジャズ賞」を受賞。その後も「日本ジャズ賞」を繰り返し受賞。受賞回数は日本人ミュージシャン最多。他にも「芸術選奨新人賞」なども受賞している。 海外のミュージシャンとの演奏も多く、ドン・チェリー、スティーブ・レイシー、チャーリー・ヘイデンセシル・テイラーマル・ウォルドロンゲイリー・ピーコック、リッチー・バイラーク、ポール・ブレイなどと共演している。海外ミュージシャンの中には、日本に行ったら富樫と共演したいと願うミュージシャンも多かった。 負傷後は4ビートのスタイルからは離れていたが、1991年JJスピリッツを佐藤允彦らと結成し、ハイハットとベースドラムなしでも4ビートでスイングできることを示した。 2002年7月27日、日野晧正とのデュオ演奏中に貧血を起こして中止、その後11月に予定されていた演奏も体調悪化のため中止し、演奏家活動を引退。以後は作曲、絵画制作に専念する。 2007年8月22日、心不全のため神奈川県内の自宅で死去。67歳没。これは、富樫が最も尊敬するドラマーマックス・ローチの死去6日後のことであった。【ウィキペディアより転載(一部省略)】

 


このアルバムは天才・富樫雅彦の楽曲を盟友佐藤允彦がソロ・ピアノで具体化したもの。
日本的叙情性あふれる曲は悲しくも希望に満ちたポジティヴな薫りが漂う。

 

このアルバムを車で聴いていた夕暮れ時、沈みかけた太陽が街をセピア色に変え
一日の終わりの哀愁と明日への希望とが曲とシンクロし
涙が溢れてきたのを思い出す

 

ドラマーとしてもコンポーザーとしても日本が世界に誇れる天才

 

同じく不慮の事故で半身不随となりドラマーを引退、シンガーとして再起したロバート・ワイアット(ソフトマシーン~マッチングモウル)の「シーソング」に強く感動した方にはきっと感じられるものがあるだろう。

 

録音も素晴らしい。レコーディングエンジニアは広兼輝彦(mimi-tab)、マスタリングは鈴木浩二(SONY)音響ハウス2002・12月19&2003・1月12日録音。DSD録音


この作品を語る上でもうひとりのマサヒコの言葉を紹介しておきます。
 

富樫雅彦は1970年代から曲作りをはじめた。2002年までのあいだに書いた作品は、膨大な数にのぼる。その中には演奏者に高度な技量をもとめるフリー・インプロヴァイズのためのモティーフなどにまじって、心あたたまるメロディーを持ったバラードもたくさん含まれる。そういった親しみやすい曲ばかりを、おだやかに弾いたアルバムを作り、メロディーメーカーとしての富樫雅彦の存在をもっと広く世に知らしめるべきではないか、ともうひとりのマサヒコは考えたのである。後世、「富樫雅彦研究」を誰かがはじめないとも限らない。そのときのために、録音にあたってはオリジナルの姿をできるかぎり忠実に弾くことを第一に、通して聴いたときの曲の配列上のバランスを第二に、という姿勢で弾いた。  佐藤允彦

 

 

佐藤允彦もまた天才。日本でもっとも過小評価されたピアニストのひとりと言ってもいいだろう。
この作品が佐藤允彦のプレイであったからこそ素晴らしい芸術作品になったと強く申し上げる


パフォーマンス:★★★★★
音質:★★★★★
満足度:★★★★★
お薦め度:★★★★★
総合評価:98