VIVA!SACD

VIVA!SACD

SACD (Super Audio CD) is a high-resolution audio disc format developed by Sony and Philips. Utilizing the Direct Stream Digital (DSD) file format, SACD provides for more accurate sound reproduction than the PCM used in the current CD format.

上岡プロジェクト始動! 2010年は「上岡イヤー」!

イメージ 3

2007年来日時のリリースに続き、上岡敏之ヴッパータール響シリーズ待望の第2弾を高音質のSACDで発売!

イメージ 1


家庭交響曲』は、その繊細な指揮ぶりでオペラさながらに情景を描き出す名演です!

2010年10月、上岡&ヴッパータール響による2度目の来日公演が決定! 2007年来日時のリリースに続くシリーズ第2弾にして「上岡イヤー」のキャンペーン開始を告げる2タイトル同時発売です。
 2009年4月の上岡の新日本フィルへの客演でも好評を博した演目R.シュトラウス家庭交響曲』。2009年には東京で3公演がプログラムされるなど、R.シュトラウスのオーケストラ曲の中でも最近とみに脚光を浴びているこの作品を、上岡は丹念に読み込んで、繊細な指揮ぶりを披露しています。
 2010年は上岡敏之を追いかけます!(コロムビアミュージックエンタテインメント


 録音時期:2009年4月19、20日
 録音場所:ヴッパータール、ヒストーリッシェ・シュタットハレ
 録音方式:デジタル(ライヴ)
 SACD Hybrid
 CD STEREO/ SACD STEREO/ SACD SURROUND

イメージ 2



鬼気迫る集中力でつむぎあげる渾身のシューマン第4番!


 2010年が生誕200年のシューマンの傑作、交響曲第4番(ブラームスの名曲、ハイドンの主題による変奏曲をカップリング)では、記念イヤーにふさわしく、上岡がシューマンの音楽のイメージを覆す、衝撃の演奏を聴かせてくれます。
(コロムビアミュージックエンタテインメント


【収録情報】
ブラームスハイドンの主題による変奏曲 op.56a
シューマン交響曲第4番ニ短調 op.120
 ヴッパータール交響楽団
 上岡敏之(指揮)

 録音時期:2008年10月19、20日
 録音場所:ヴッパータール、ヒストーリッシェ・シュタットハレ
 録音方式:デジタル(ライヴ)
 SACD Hybrid
 CD STEREO/ SACD STEREO/ SACD SURROUND




上岡敏之 Toshiyuki Kamioka】
上岡敏之は、2004/2005年のシーズンより、ヴッパータール市の音楽総監督、ならびに交響楽団の主席指揮者を務める。ヴッパータールに就任する前は、8年間にわたり、ヴィースバーデンヘッセン州立歌劇場の音楽総監督として、成功を収めた。現在はザールブリュッケン州立歌劇場の音楽総監督も務める。
ヴッパータールでは、オペラ「リゴレット」を振って、オペラ指揮者として輝かしいスタートを切り、彼の高い音楽性と、きめ細かい解釈が、マスコミと聴衆双方に絶賛された。
上岡は、東京生まれ。東京芸術大学で、指揮、作曲、ピアノ、そしてヴァイオリンを並行して学んだ。1982年、名誉ある安宅賞を受賞。2年後には、ロータリー国際奨学生として、ハンブルク音楽大学に留学し、クラウスペーター・ザイベルに指揮を師事。キール市立劇場のソロ・レペティトール、およびカペルマイスターとして、歌劇場でのキャリアをスタートさせた。1992年から1996年まではエッセンの市立アールト劇場の第一カペルマイスターを務めた。
1998/1999年のシーズンより、ヘアフォートの北西ドイツフィルハーモニー管弦楽団の主席指揮者も勤めている。また、バンベルク交響楽団、ケルン放送交響楽団(WDR)、中部ドイツ放送交響楽団(MDR)、バイエルン放送交響楽団シュトゥットガルト放送交響楽団NHK交響楽団読売日本交響楽団など、国内外で数多くのオーケストラに客演し、名声を博している。
上岡は、多忙な中、後進の育成にも力を注いでおり、1999年から2000年まではドイツ音楽協議会の指揮者フォーラムを主宰。すでに1987年から、ハンブルク音楽大学室内楽と伴奏の講師を務めているほか、2000/2001年には、フランクフルト音楽大学のオペラクラスの代理教授を引き受けた。2004/2005年の冬学期からはザールブリュッケン音楽大学の指揮科正教授の要職にある。2007年6月、第15回渡邉暁雄音楽基金音楽賞受賞。(コロムビアミュージックエンタテインメント

ヴッパータール交響楽団 Sinfonie Orchester Wuppertal】
ヴッパータール交響楽団の歴史は150年近くにおよぶ。初期の段階からオーケストラには、クララ・シューマン、ヨーゼフ・ヨアヒム、ヨハネス・ブラームス、マックス・ブルッフといった高名な音楽家ソリストや指揮者として登場し、名声を得ていった。
1900年(この当時、リヒャルト・シュトラウスも客演)から、シュターツ・ハレを本拠地として活動、今でも近隣のオーケストラがうらやむ立派な建物は、第二次世界大戦で焼け落ちたが、1995年12月に修復され、昔の輝きを取り戻している。エーリヒ・クライバーオットー・クレンペラーなどの偉大な指揮者たちも、ヴッパータールで音楽的キャリアの第一歩を踏み出している。
世界大恐慌の時代に、オーケストラを助けた音楽家の一人に、エルバーフェルト(ヴッパータール市の旧名)出身のハンス・クナッパーツブッシュがいる。後には、ゲオルク・ラティエン、フリッツ・レーマンマルティン・シュテファーニが指揮台に立った。22年間におよぶ、ハンス・マルティン・シュナイトに続いて、1986年から1996年の間は、指揮者であり、音楽学者でもあるペーター・ギュルケがオーケストラを率いてきた。一時的に任命されたシュテファン・クリーメからバトンを引き継ぎ、1998年から2004年までは、アメリカ人のジョージ・ハンソンが、ヴッパータール市の音楽総監督を務めた。
2004/2005年のシーズンからは、上岡俊之が新たにヴッパータール市の音楽総監督に就任。現在、オペラからコンサート、バロック音楽から現代音楽にいたるまで多岐にわたるレパートリーを誇っている。ドルトムントのコンツェルトハウスとケルンのフィルハーモニーに定期的に客演しているほか、ミュンヘン、パリ、ブレスラウ、トリノ、およびローマなどをツアーで訪れている。
ヴッパータール交響楽団は、アウトリーチ活動にも力を入れており、積極的にオーケストラが毎回様々な編成で学校を訪問、それぞれの楽器を紹介する「オーケストラにさわろう」といった企画が特に好評を得ている。(コロムビアミュージックエンタテインメント



優れた録音とサラウンドで信頼の厚いDENONレーベルからのリリースですので、非常に楽しみです。