VIVA!SACD

VIVA!SACD

SACD (Super Audio CD) is a high-resolution audio disc format developed by Sony and Philips. Utilizing the Direct Stream Digital (DSD) file format, SACD provides for more accurate sound reproduction than the PCM used in the current CD format.

SHM-SACD続報

以前お伝えした「SHM-SACD
 
3月末にジャズ5タイトルという予定が発表されていましたが、いつの間にやらユニバーサル公式HPカタログから消えておりました。どうなったのかな?と思ってましたが、企画は進行中との情報だけは入ってきておりました。
 
本日、「銀カンタ」さんより情報提供いただきましたのでご紹介します
 
どうやら現在6月23日の予定になっているそうです。
そして、ジャズ5タイトル、クラシック5タイトル、ポピュラー10タイトル計20タイトル・・との事
 
 
ポピュラーが寂しいSACDに10タイトルは嬉しいですね。どういったタイトルが出るのでしょうか?おそらく始めは既にSACD化されているものの再発でしょうね。日本未発売や現在入手困難なのものなどあると良いですね。
 
さて、そのSHM-SACDがどういった仕様なのかの詳細はまだ入ってきておりません。
SHM-CD」の様な子供騙しではないと思いたいですし、そもそもHYBRID-SACD素材はポリカーボネイトではなく、既に「ハイ・マテリアル」なものですのでね。
私の予想では反射板の素材や金蒸着になるのではないのかな?です。
どうせなら普通にSACDで普通の価格で出してくれれば良いのですが、市場へのアピール度という事でしょう。個人的にはそういうのは好きじゃないのですが、詳細が分からない現状での批判はとりあえず封印。
ともあれ世界最大レコード会社のユニバーサルグループがSACDに復帰する動きは歓迎したいと思います。
FREE(ポール・ロジャース、ポール・コゾフ、アンディ・フレイザー、サイモン・カーク)のSACD化が私の最大の希望ですから・・もちろんプログレ系や新譜も。
 
私の読みでは、既に北米でソニーから発売されている3D対応ブルーレイ&SACDユニバーサルプレイヤー(ゲーム機能の無いPS3)が夏前にも日本でも発売されるのではないでしょうかね。定価2万円前後で。
それにポピュラータイトルとをぶつけてくるんではないか、と
当然ソニーも動くでしょう。いや動け。再発でいいから安くで・・
個人的な希望としてはポピュラーでSACDに入った人が、ジャズやクラシックの良さにSACDで覚醒してくれると嬉しいです。
 
主流はどう足掻いてもIpodなどの配信でしょうから大きな流れにはならないでしょうが、
「物」として所有しておきたい、かつクオリティを求める人は少なからず居ますのでね。共生できるのが一番良いなと思います。
 
また情報が入りましたらお伝えします