VIVA!SACD

VIVA!SACD

SACD (Super Audio CD) is a high-resolution audio disc format developed by Sony and Philips. Utilizing the Direct Stream Digital (DSD) file format, SACD provides for more accurate sound reproduction than the PCM used in the current CD format.

グレース・マーヤ LAST LIVE at DUG

ラスト・ライブ・アット・ダグ

 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
                                  イメージ 4                     イメージ 5
 
                                                 1 ルート 66 
                                                 2 ムーンライト・イン・ヴァーモント  
                                                 3 素敵なあなた 
                                                 4 キッス・オブ・ライフ 
                                                 5 モナ・リサ  
                                                 6 カミン・ホーム・ベイビー 
                                                 7 私の心はパパのもの 
                                                 8 ティーチ・ミー・トゥナイト  
                                                 9 サニー   
                                                 10 追憶 
 
2007  SACD/CD ハイブリッド   ステレオ  サラウンド  DSD録音
日本のみならず世界のジャズ史に残るジャズ・カフェ・バー、新宿DUGの40年の歴史に幕を閉じるラスト・ライヴ。
日野皓正、渡辺貞夫チャーリー・マリアーノスタン・ゲッツチック・コリアアート・ブレイキーホレス・シルヴァーセロニアス・モンクソニー・ロリンズオーネット・コールマン、ロイ・へインズ、チャールズ・ロイドら錚々たる顔ぶれが訪れ、時に熱いライヴを繰り広げ、またアルバート・マンゲルスドルフ・クァルテット「ディギン」、カーメン・マクレエ「アズ・タイム・ゴーズ・バイ」、マル・ウォルドロン「メディテイションズ」のレコーディングが行われた(数度移転あり・詳しくはライナーノーツで)このDUGの最後を飾るのは店主中平穂積氏の希望によりデビューしたてのグレース・マーヤが選ばれた。彼女はこのDUGから羽ばたいたひとり
 
グレース・マーヤ(vo,p)
村岡建(sax,cla,harmonica&wind chime)7、8、9、10
小沼ようすけ(g)1,2,3,4,5,6
日野賢二(electric b)7、8、9、10
鳥越啓介(b)1,2,3,4,6
坂東慧(ds)
 
2006年12月25、26の二日間で行われたライヴ。オープニングでいきなりサプライズゲストで日野皓正が登場し、トランペットを吹き鳴らし、颯爽と新宿の街へと消えたらしい。カッコいい。2日目に息子のJINO賢二がビンビンのベースを披露しているのも面白い。世代を飛び越えた、DUGの歴史の総決算にふさわしい趣向。
 
しっとりとバラードで聴かせる曲もあれば、最後のお祭りらしく、ノリノリの豪快セッションと化してる曲もある。客もかなり熱狂している模様でこちらも興奮してくる。
グレース・マーヤのアルバムは現在4枚出ていて、どれも良い。このアルバムでも良い歌唱。バラードは哀愁を感じさせる声質でとても良い。いかにも「ジャズです」という歌い方でなく、もっと広いキャパを持つ人だと思います。ただ、このライヴでの演奏陣の激熱パフォーマンスに押されてか、激しく歌い上げる所ではやや上ずる所があったりする。まあそれはご愛嬌といったところか。個人的にはこのアルバムはマーヤの歌唱よりもエキサイティングな演奏に耳を奪われる
 
 
このアルバムはライヴという事もあり、サラウンド収録。
これが素晴らしい。ジャズにはあまりサラウンドは似合わないかな、という盤も多いが
これはサラウンドアルバムの中でもトップクラスに気に入ってる。
サラウンドで再生した瞬間、そこはDUGである。そう思わざるを得ないほどの臨場感。空気、雰囲気、薫り、までも詰め込めれた、これぞサラウンドの真髄と呼べる名サラウンド。プロデューサー伊藤八十八氏のセンスは毎度感銘を受ける。レコーディングエンジニアは篠笥 孝(takashi sasaki)。マスタリングは鈴木浩二(koji suzuki)。
 
パフォーマンス:★★★★☆
音質:★★★★★
サラウンド:★★★★★+++++
満足度:★★★★☆
お薦め度:★★★★
総合:90
(やはりサラウンドの良さが総合点を引き上げます)
 
 
           Grace Mahya
 
 
イメージ 6