VIVA!SACD

VIVA!SACD

SACD (Super Audio CD) is a high-resolution audio disc format developed by Sony and Philips. Utilizing the Direct Stream Digital (DSD) file format, SACD provides for more accurate sound reproduction than the PCM used in the current CD format.

最近の愛聴盤

もはや当たり前のごとく遅れていたブルーノートSACDシリーズ
 
今週届いていずれも期待以上に美味ですが・・
 
なかでも
 
イメージ 1
 
がお気に入り。オープニングのオルガンで「おおっ!」とそしてテナーが入ると「ぐおおお」と。ヘヴィー・サウンドが気持ちよい。これは是非SACDで聴いてもらいたい。ホントこのシリーズは良い。ただ・・一ヶ月2枚くらいで出してもらえたら・・数ヶ月待ちで5~6枚一気にドンでは、金銭的に追い込まれます(予約が安いので注文せずにはいられませんし)・・でも、コンプリート目指す価値は十分にあります  
 
 
 
イメージ 2
 
これは数年前のリリースになりますが、改めて素晴らしいと思う。SACDは楽器、特にアコースティック楽器において威力を発揮するのですが、一番分かりやすいのは人間の「声」かなと思います。最近声楽を聴く機会が多いのですが、声質はもちろん抑揚や張りも全然CDとは違います。それはポップスのヴォーカルにおいても顕著ですしね。ビジネス的に厳しいポップスは仕方ないとしても、声楽、古楽は全部SACDで出して欲しいと願う。それはつまりアーノンクールは全部SACDで出せ、と。カタログの多くはRCAやDHMソニー系列なんですから、頑張れば出来るはず。頑張れ
 
イメージ 4  イメージ 5 イメージ 6 イメージ 7 イメージ 8
 
イメージ 9 イメージ 10 イメージ 11     イメージ 12
 
 
 
イメージ 3
 
これもお気に入りシリーズでコンプリートを目指してます。曲良し演奏良し録音良しの三拍子そろってます。
バルトークはキングクリムゾンから入ったクチなんですが、今やクリムゾンよりバルトークが上になってしまった・・  http://blogs.yahoo.co.jp/satoshi_358/32034278.html
 
 
イメージ 13
スタンリー・ホーホランドシューベルトピアノソナタ第20番、3つのピアノ曲レントラー集」
 
これは2009年推薦盤としても挙げさせてもらった1枚。各所でも絶賛されていて、ヒットしたのですが・・もうHMVでもAmazonでも取り扱いは終了しています。クラシックはプレス枚数が少ないですし、ましてやマイナーレーベルからのSACDですので・・ベテラン・ピアニスト、フォルテピアノという組み合わせからは「枯れた味わい」を連想するかもしれませんが、さにあらず。朝露に濡れた若葉の様な瑞々しさ。実に素晴らしいのです。
まだ店頭には残ってるかも知れませんが・・どうでしょう?
実はドイツでは在庫があるようで、複数枚(4枚くらい)注文して送料を浮かせばなんとか2500円くらい(現在のレート、Amazon.de価格での計算)でお譲りできるかと思うのですが・・Noah's Arkでこういう物を扱いたい。希望者が多ければ取り寄せ敢行します。反応を待つ
 
*「Noah’s Ark」はyahooブログを開設し(書く必要はありません)、当ブログを「お気に入りブログ」登録していただくと閲覧できます。