VIVA!SACD

VIVA!SACD

SACD (Super Audio CD) is a high-resolution audio disc format developed by Sony and Philips. Utilizing the Direct Stream Digital (DSD) file format, SACD provides for more accurate sound reproduction than the PCM used in the current CD format.

MTT&SFSマーラー・サイクル最終章!!

イメージ 1
 
MTT&SFSのマーラー・サイクル最終章!
管弦楽伴奏付き歌曲集で遂に完結!

マーラー交響曲全曲録音の最後を飾った交響曲第8番『千人の交響曲』 が、第52回グラミー賞で「Best Classical Album」、「Best Choral Performance」、「Best Engineered Album」に輝き見事3冠を達成したマイケル・ティルソン・トーマスサンフランシスコ交響楽団。シリーズ第12作目にしてマーラー・サイクル「真の最終章」としてMTT&SFSが送り出すのは「管弦楽伴奏付き歌曲集」!
 MTT&SFSのマーラー・サイクルは、グラミー賞3冠に輝いた前作「交響曲第8番『千人の交響曲』」を筆頭として、交響曲第6番『悲劇的』交響曲第3番交響曲第7番『夜の歌』グラミー賞に選出されており、21世紀に誕生した新たなマーラーの名演として全世界から絶大な支持を受け続けています。
 マーラー・サイクルの最終巻となる「管弦楽伴奏付き歌曲集」ではソリストに、 『大地の歌』 でMTT&SFSとの抜群の相性と名唱を聴かせてくれたトーマス・ハンプソンと、アメリカが世界に誇るメゾ・ソプラノ歌手スーザン・グラハムを迎えており、MTT&SFSのハイ・パフォーマンスはもちろんのこと、2人の世界的歌手の歌声との共演にも注目せずにはいられません。またMTT&SFSのマーラー・サイクルの超優秀録音を支えてきたアンドレアス・ノイブロンナー率いるレコーディング・チーム「トリトナス」はもちろん健在。
 2001年9月に衝撃的なスタートを切ったMTT&SFSのマーラー・サイクルが遂に迎えたフィナーレ。ご期待下さい!

【収録情報】
マーラー
さすらう若人の歌
 トーマス・ハンプソン(バリトン
 サンフランシスコ交響楽団
 マイケル・ティルソン・トーマス
(指揮)

 録音時期:2009年9月23,25,26日

・リュッケルトの詩による5つの歌曲
 スーザン・グラハム(メゾ・ソプラノ)
 サンフランシスコ交響楽団
 マイケル・ティルソン・トーマス
(指揮)

 録音時期:2009年9月16-20日

・『子供の魔法の角笛』より(塔の中の囚人の歌、少年の鼓手、トランペットが美しく鳴り響くところ、死んだ少年鼓手、原光)
 トーマス・ハンプソン(バリトン
 サンフランシスコ交響楽団
 マイケル・ティルソン・トーマス
(指揮)

 録音時期:2007年5月10-13日

 録音場所:サンフランシスコ、デイヴィス・シンフォニー・ホール
 録音方式:DSDレコーディング(ライヴ)
 SACD Hybrid
 CD STEREO/ SACD STEREO/ SACD SURROUND
 
読むマーラー
 
 
イメージ 2   イメージ 3  イメージ 4  イメージ 5
 
 
イメージ 6