VIVA!SACD

VIVA!SACD

SACD (Super Audio CD) is a high-resolution audio disc format developed by Sony and Philips. Utilizing the Direct Stream Digital (DSD) file format, SACD provides for more accurate sound reproduction than the PCM used in the current CD format.

上原ひろみ hiromi uehara

1979年静岡県浜松市生まれ。

6歳よりピアノを始め、同時にヤマハ音楽教室で作曲を学ぶ。

国内外の「ユニセフチャリティコンサート」「ジュニアオリジナルコンサート」等に多数出演。17歳の時にチック・コリアと共演し、1999年にはボストンのバークリー音楽院に入学し、在学中にジャズの名門テラーク・レーベルと契約。2003年にアルバム「Another Mind」で世界デビューし、欧米でのライブ活動をスタートさせる。
2004年春にはセカンドアルバム「Brain」をリリース、アメリカの「サラウンド・ミュージック・アワード<ニュースター賞>」を受賞。2005年、活動の拠点をボストンからニューヨークに移す。2006年はサードアルバム「Spiral」を発売し、「ミラノ・コレクション」での演奏や、「ボストン・ミュージック・アワード<ベスト・ジャズ・アクト賞>」を受賞するなど活躍。2007年は新たにギターを加えたプロジェクトとして「HIROMI'S SONICBLOOM」を結成。アルバム「Time Control」を発売し、世界最大のロックフェス英「グラストンベリー・フェスティバル」に出演するなど話題となる。2008年、初のスタンダードアルバム「Beyond Standard」を発売し、ハリウッドボールで行われる「Playboy Jazz Festival」等にも出演。2009年には日本人アーティストでは唯一となるニューヨーク・ブルーノートでの5年連続一週間公演や、「North Sea Jazz Festival」や「Newport Jazz Festival」といった最大規模のジャズ・フェスティバルに出演。欧米からアフリカ、アジアまで、世界を舞台に毎年約100日150公演のツアーを続けている。

日本においては、2003年にTBS系「情熱大陸」に出演し話題となり、2003年度「日本ゴールディスク大賞」<ジャズ・アルバム・オブ・ザ・イヤー>を受賞。2004年、巨匠オスカー・ピーターソンの日本公演のオープニングアクトを務め、2005年は「フジロック'05」への参加、グラミーアーティストであるミシェル・カミロの日本公演での共演、サードアルバム「Spiral」(ジャズディスク大賞日本ジャズ賞受賞作品)は、オリコン20位のヒットを記録した。2006年は、ドリームズ・カム・トゥルーとのライブ共演、矢野顕子のアルバムへのレコーディング参加や共演ライブ、「東京JAZZ2006」への出演、タップダンサー熊谷和徳とのコラボレーションライブなどを実施。また、2007年には平成18年度(第57回)芸術選奨文部科学大臣新人賞大衆芸能部門で受賞、「フジロック'07」への出演、浅田次郎原作・宮沢りえ主演映画「オリヲン座からの招待状」のメインテーマ曲を担当。さらには自身5度目となる日本ツアーも大成功に終了した。
2008年1月には、チック・コリアとのブルーノート東京でのライヴ・アルバム「デュエット」をリリースし、4月には日本武道館にてピアノデュオの公演を実施。5月には新作「ビヨンド・スタンダード」を発売し、ジャズ作品として異例のオリコンTOP10を記録。夏には「東京JAZZ2008」、「Sweet Love Shower」等大型フェスに参加。
11月に日本先行リリースとなる初の映像作品「上原ひろみ ライブ・イン・コンサート」、「上原ひろみ~Hiromi's Sonicbloom ライブ・イン・コンサート」も2枚同時リリースした。2009年は関西テレビ50周年記念ドラマ「トライアングル」のテーマイメージ曲を担当。3月には代々木第一体育館で行われたドリームズ・カム・トゥルーの20周年を祝うスペシャルライブ「みんなでドリする!」にピアニストとして参加。4月にはスタンリー・クラーク・トリオに全編参加した話題のアルバム「ジャズ・イン・ザ・ガーデン」も発売。9月には「東京JAZZ2009」への出演、そして待望の初ソロピアノ作品となる新作「プレイス・トゥ・ビー」が発売され、11月からは日本ツアーも予定されるなどますます飛躍が期待される。。(オフィシャルサイト・プロフィールより)
 
 
イメージ 1  イメージ 2
 
 
イメージ 3  イメージ 4  イメージ 5
 
イメージ 7  イメージ 6