VIVA!SACD

VIVA!SACD

SACDに特化した偏屈ブログ

アルカディ・ヴォロドス:Volodos in Vienna

イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 3
 
 
CD1
スクリャービン:4つの前奏曲 作品37より第1曲:変ロ短調
スクリャービン:24の前奏曲 作品11より第16曲:変ロ短調
スクリャービン:4つの小品 作品51より第4曲:やつれの舞曲
スクリャービン:2つの舞曲 作品73より第1曲:花飾り
スクリャービン:ピアノ・ソナタ第7番 作品64『白ミサ』
ラヴェル:高雅にして感傷的なワルツ
CD2
シューマン:森の情景 作品82
・リスト:巡礼の年第2年『イタリア』より第7曲『ダンテを読んで-ソナタ風幻想曲』
J.S.バッハ:オルガン協奏曲第5番ニ短調BWV596より『シチリアーノ』
チャイコフスキーヴォロドス編:16の子供のための歌 作品54より『嵐の中の子守唄』
スクリャービン:3つの小品 作品45より第1曲:アルバム・リーフ
 
2009 SACD/CD HYBRID  STEREO/SURROUND 
 
 
特に欧州では大変な人気を誇るロシアのピアニスト、アルカディ・ヴォロドスのウィーン、ムジークフェラインザールでのライヴ。
ライヴという事もあってか、自由奔放なヴォロドス・ワールドといったスケールの大きな演奏で、特にディスク1のラヴェルは手に汗握る、固唾を呑む緊張感に包まれると共に優雅で楽しいメロディと叙情に溢れ、「高雅にして感傷的なワルツ」とはこの曲をよく表した名題だなとも思う。スクリャービンも得意で、このライヴのメインとなるだけあって緩急の間が素晴らしくグイグイ引きこまれる。高難易度の曲をこれほど「自分の曲」にして弾きこなすのは驚愕に値する。
 
ディスク2では一転シューマンの親しみ易い曲。ここではとてもリラックスして聴き入る事が出来、一見アンバランスなようではあるが、ライヴの構成として「緊張と緩和」的役割を持ちコントラストが美しく思う。
そして、リストではハイテンションに情熱的にライヴ本編のラストを飾る。観客の拍手の嵐がこのライヴの素晴らしさを物語る。緊張感から解き放たれた開放感の清々しさは麻薬的な快感を持つ。
 
アンコールはバッハ、チャイコフスキー、そして再度スクリャービン。いずれも小曲でこのライヴの余韻を楽しむに良い。
 
演奏も素晴らしいが録音も素晴らしい。繊細なタッチを克明に捉え、そして音響に優れた名会場と相まっての音の広がり。ステレオにおいても「」マルチch?」と思ってしまう音像の広さや残響が素晴らしい。
けれどやはりマルチchで聴くとステレオが物足らなくなってしまう。会場の一番良い席でこのライヴを堪能しているようであり、引き込まれ度はステレオを大きく凌駕する。
 
 
VIVA!SACDアワード2010に選出した本アルバムですが、世界的権威であるグラモフォン・アワード2010にも選ばれました。そりゃそうだろと思う名演名録音盤です。選んだのは断然私の方が早かったと付け加えておきます(笑)
 
レコーディング・プロデューサーはFriedmann Engelbrechtサウンド・エンジニアはTobias Lehmann
エディティングはMartin Litauer
 
国内盤は通常CDのみ。おそらく雑誌や店頭で紹介されるのはCD盤。嗚呼、勿体無い・・ここらへんがソニーの一貫性の無さで、興味はありつつもSACDに踏み出せない層を生んでいると思う。海外盤はCD、SACD、DVD、ブルーレイと4種発売されています。もちろんお薦めはSACD
 
 
 
イメージ 4   イメージ 5  イメージ 6