VIVA!SACD

VIVA!SACD

It's time that you took your music to the next level.

あけましておめでとうございます

2011年となりました。今年もよろしくお願いします。
 
やや追い風が吹いてきた2010年SACD事情、2011年はさらに大きな風になってくれると嬉しいですね。
どちらかと言うと「隅っこ」(SACD自体が隅っこなのに・・)なモノの紹介になると思いますが、どうぞ暖かい目で^^
 
さっそくですが、新春ゲットSACD
 
 
武満徹作曲の現代雅楽の伶楽舎による演奏、N&Fの西脇、福井両氏によるDSDレコーディング、ステレオ/マルチchシングルレイヤー盤です。雅楽のアルバムは初めてですので興味津々
 
 
大バッハにも多大な影響を与えたという、J・C・Fフィッシャーのチェンバロ作品をオリガ・マルティノヴァが演奏。CARO MITISレーベル。勿論DSDレコーディングのステレオ・マルチch収録HYBRID。まだチラ聴きですが、色彩豊かで華やか。
 
 
フランソワ・クープランヴィオラ・ダ・ガンバ作品集のミネンケ・ヴァン・デル・ヴェルデン(ガンバ)とグレン・ウィルソン(チェンバロ)による演奏。やはりDSDレコーディングのステレオ・マルチchHYBRID。ずっと欲しかったのでようやくゲット
 
 
天才画家カラヴァッジョの絵画にインスピレーションを得た、ジョルディ・サヴァールのオリジナル作品。
すんごく地味なアルバムですけど、深いです。じっくり聴きます。これもステレオ・マルチchHYBRID。おそらくDSD録音
 
 
CHANNELレーベルの二大看板、ピーター・ウィスペルウェイ(チェロ)とイヴァン・フィッシャー&ブタペスト祝祭管弦楽団の共演。今回ややマニアックなのが続きましたが、一番とっつき易いかと・・やはりステレオ・マルチchHYBRIDのDSD録音。
 
 
それぞれまたじっくり聴いてレポートする機会があると思います。
 
今年も素晴らしいSACDライフを!!!