VIVA!SACD

VIVA!SACD

SACD (Super Audio CD) is a high-resolution audio disc format developed by Sony and Philips. Utilizing the Direct Stream Digital (DSD) file format, SACD provides for more accurate sound reproduction than the PCM used in the current CD format.

メータ&ミュンヘン3大オーケストラによる東日本大震災被災者支援SACDリリース!!

ズービン・メータ『第九』~ 復興支援演奏会 in ミュンヘン[SACD-hybrid]

2011年5月2日にミュンヘンを代表する世界的な3つのオーケストラ(バイエルン国立管弦楽団ミュンヘンフィルハーモニー管弦楽団バイエルン放送交響楽団)によって合同主催されたチャリティコンサートをライブ収録!SACDハイブリッド形式(サラウンド5.0ch収録)でお届けします。3つの楽団から編成された初の合同オーケストラは、ミュンヘンと縁のあるズービン・メータ指揮の下、ベートーヴェン交響曲第9番「合唱」を熱演。普段はライバルとして鎬を削る3つのオーケストラが手をとりあって実現した歴史的演奏。マエストロ・メータの希望により、被災者に向けて送られた「G線上のアリア」も収録収益金の一部を日本赤十字社を通じて被災地に寄付させていただきます。


    1. 管弦楽組曲第3番ニ長調 BWV1068より「アリア」 : Air from Orchestral Suite No. 3 D-Major, BWV1068
ルートヴィヒ・ファン・ベートーヴェン : Ludwig van Beethoven
交響曲第9番短調作品125「合唱」 : Symphony No.9 in d-minor op.125
  1. 第1楽章 : 1st movement: Allegro ma non troppo e un poco maestoso
  2. 第2楽章 : 2nd movement: Molto vivace – Presto
  3. 第3楽章 : 3rd movement: Adagio molto e cantabile – Andante moderato
  4. 第4楽章 : 4th movement: Finale. Presto – Allegro assai vivace (alla Marcia)
録音日 : 2011年5月2日
録音場所 : ミュンヘン・ガスタイクフィルハーモニー(ライブ録音)
演奏者 :