VIVA!SACD

VIVA!SACD

SACD (Super Audio CD) is a high-resolution audio disc format developed by Sony and Philips. Utilizing the Direct Stream Digital (DSD) file format, SACD provides for more accurate sound reproduction than the PCM used in the current CD format.

ジョルディ・サヴァール最新作はラモー AliaVox

L'orchestre De Louis XV-Orchestral Suites

ルイ15世のオーケストラ/ラモー:管弦楽組曲集』

ルイ13世時代のフィリドール、ルイ14世時代のリュリに続き、ルイ15世[1710-1774]時代から選ばれたのはラモー。前の2人と比べると、王個人とのつながりは希薄でしたが、オーケストラの団員たちとは、その作品を通して深いつながりを持っていました。リュリの時と同様、代表的なオペラから抜粋した管弦楽組曲で、最初期の代表作『優雅なインド』、中期を代表する『ナイス』と『ゾロアストル』、最晩年の作『ボレアド』から各曲は取り上げられています。
リュリとの比較、特に管弦楽法的な側面に焦点を当てて比較すると、ラモーの特徴は、フル・オーケストラによる豪華絢爛さにあり、このことが、ラモーがオペラの作曲家としてデビューした1730年代半ばに起きた、リュリ派とラモー派の論争点の1つでした。しかしながら、この管弦楽の豪華絢爛さは、音楽理論家ラモー自身による和声法の探求にその基礎を置いており、音楽史的には、リュリからラモーに至る間に、カンプラ、マレ、モンテクレールらによって、徐々に取り入れられていった方法を、効果的に展開したものでした。
今回、サヴァールたちは、CIMA(国際古楽センター)、及びESMUC(カタルーニャ上級音楽院)の協力を得、演奏の準備に大規模な学術調査を基礎作業として取り入れました。その後のヨーロッパ各都市におけるツアーにおいて、その成果を遺憾なく発揮した演奏会を重ね、満を持して録音にのぞんでいます。(キングインターナショナル)

【収録情報】
ラモー:
・『優雅なインド』組曲(1735年)
・『ナイス(ナイアス)』組曲(1748年)
・『ゾロアストル(ゾロアスター)』組曲(1749年)
・『ボレアド』組曲(1764年)

ル・コンセール・デ・ナシオン
ジョルディ・サヴァール(指揮)

録音時期:2011年1月11-14日
録音場所:モーゼル県メス、メス海軍工廠大ホール
録音方式:デジタル
SACD Hybrid
CD STEREO/ SACD STEREO/ SACD SURROUND


2枚組SACD新作がこの値段なら迷わず買えよ、ですね