VIVA!SACD

VIVA!SACD

SACD (Super Audio CD) is a high-resolution audio disc format developed by Sony and Philips. Utilizing the Direct Stream Digital (DSD) file format, SACD provides for more accurate sound reproduction than the PCM used in the current CD format.

気になるSACD:バッハのジャズ

色々検索しておりますと、おっと気になるアルバムもちらほら

イメージ 1
Bach XXI:マット・ハーシュコヴィッツ・トリオ 、 フィリップ・クイント 、 ララ・セント・ジョン 

変なジャケなんですが、バッハのジャズアレンジアルバムの様で。

1. 無伴奏チェロ組曲第1番ト長調 BWV.1007よりプレリュード
2. カンタータ第208番『狩のカンタータ』よりアリア『羊は憩いて草を食み』
3. 主よ、あわれみたまえ(マタイ受難曲より)
4. 2つのヴァイオリンのための協奏曲ニ短調 BWV.1043より第1楽章ヴィヴァーチェ
5. ヴァイオリン協奏曲イ短調 BWV.1041より第2楽章アンダンテ
6. デュエット第1番ホ短調 BWV.802
7. ゴルトベルク変奏曲よりアリア
8. イギリス組曲第2番イ短調 BWV.807よりプレリュード

 フィリップ・クイント(ヴァイオリン)
 マット・ハーシュコヴィッツ・トリオ
  マット・ハーシュコヴィッツ(ピアノ)
  マット・フィールズ(ベース)
  デイヴィッド・ローゼンブラット(ドラムス)
 ララ・セント・ジョン(ヴァイオリン:4)

どんなアルバムだろうな?と検索してましたら、こんなブログが
≪ハーシュコヴィッツ氏のアレンジは、彼自身も述べていましたが、
ベースの部分ではバッハの音を一音たりとも変えたり、除いたりしていなくて、
構造はそのまま。
でもその上に流れる音楽はジャズだったり、ラテンだったり、ユダヤ音楽だったり、
ときどき現代音楽っぽいアレンジも。
よくあるジャズアレンジじゃん、と思うかもしれないし、
ぼーっと聴いているとそう聴こえる感じもするのですが、
実際はかなり凝っていて、ベースはそのままでという制約が
ある状態で、時代的には中世から現代まで、ジャンルや国も異なる
かなり多様なエッセンスを詰め込んでいます≫出展

お、なんか良さげ

AVANTIレーベルはアーティスト主体の録音をやっていく気概のあるレーベルでして、興味深いアルバムが多々あります。

イメージ 2
マルタ・アルゲリッチ、ポリーナ・レスチェンコ、クリスチャン・ポルテラ、ロビー・ラカトシュという豪華共演アルバム。DSD録音
イメージ 3 イメージ 4 ポリーナ・レスチェンコのソロ 


イメージ 6 チェリスト、ミッシャ・マイスキーの娘、リリー・マイスキーとフィリップ・クイントの共演

などなど。結構そそります。探っていけば、まだまだ良い音楽はたくさんあるんだな~と思います