VIVA!SACD

VIVA!SACD

SACD (Super Audio CD) is a high-resolution audio disc format developed by Sony and Philips. Utilizing the Direct Stream Digital (DSD) file format, SACD provides for more accurate sound reproduction than the PCM used in the current CD format.

上半期お気に入りSACD

2017年も早いものでもうすぐ半ばに。上半期を振り返って、お気に入りSACDを挙げてみたいと思います。
2017年発売じゃなくても今年聴いたお気に入りも対象としてますので


イメージ 2アコースティック・ウェザー・リポート Amazon  タワーレコード

イメージ 3Bach: Cello Suites (arr. Valter Dešpalj):Petrit Çeku (guitar) タワーレコード

やはりDSD録音SACDは満足度が高いなと思います。これらのアルバムは内容、録音、共に良く、DSDならでは音の鮮度が素晴らしい。SACDユーザーに是非とも聴いて貰いたいです。話題はどうしても名盤再発ですが、新録音、DSD録音のアルバムで話題になれば尚嬉しいなと思います。

イメージ 4Mozart: Piano Concertos 20 & 27  タワーレコード

タワーレコードSACDの快進撃は音楽ファン、SACDユーザーにとって至福。中でも一番お気に入りは、サー・クリフォード・カーゾンモーツァルトアナログマスターからのダイレクトDSD変換で、音の厚みがいいですね。感動しました。


再発もので一番を挙げるならばこれですね。価格は高いですが、満足度はそれ以上に高かったです。
さすがスティーブ・ホフマン。まるで新録音みたいな音。それでいて厚化粧感はなく、ナチュラル。DSDマスタリングの精度もここまで上がったかと感激しました。2も欲しいです。
全体としては細々なSACDですが、音楽文化への貢献度はSACDDSDという技術は素晴らしいものだと、ずっと支持してきた者として感慨深いものがあります。上で挙げた新録音のアルバムも本当に素晴らしい。現在DSDの配信も盛んになってきましたが、それもSACDが頑張ってきたからこそ。個人的には今のところダウンロード導入は考えておらず、今後もSACDで行きます。廃れてはいけない文化だと思っております。
音は良いが扱い辛く、コストも高いDSD。しかし、技術は確実に上がっているなと、これらのアルバムを聴いて確信しております