VIVA!SACD

VIVA!SACD

SACDに特化した偏屈ブログ

バッハ:無伴奏チェロ組曲

私がこれまで聴いて来た音楽の中で一番好きな曲、それが
Bach: The Six Cello Suites バッハ:無伴奏チェロ組曲です。

まだまだ浅い聴き方な未熟者ですが、なんでしょうかこの曲の壮大さ、語り掛ける様な静かな曲ですが、宇宙の様な広がり、また、舞曲であるためとても聴きやすさも。瞑想的にも小躍りしながらも聴ける、そんな懐の深さを感じます。

イメージ 1
全てはここから始まった。パブロ・カザルスの名演奏です。古い時代の録音、SP盤マスターからのSACD化のため、過剰な期待はしない方が無難ですが、それでも名演奏を丁寧な録音で、それを丁寧なDSDマスタリングした事を感じます。古い録音、テクニックも現代の方が断然上ですが、それを超越する名盤だと思います。私は大満足です。深く、深く、酔いしれます。
Amazonでは高騰してますが、タワーレコードでは定価で買えますね。


鈴木秀美先生の名盤。DSD録音です。これは素晴らしい名演奏名録音の名盤です(断言)。愛聴盤です


ヴァイオリニスト寺神戸亮氏による、ヴィオロンチェロ・ダ・スパッラ(肩かけチェロ)による演奏。
氏の誠実な人柄を表すような演奏。こちらもおススメ。


フランスのチェリストアンドレ・ナヴァラの名盤。元ボクサーという異例の経歴も連想させる豪快な名演奏、名録音。素晴らしいです。Amazonは高騰ですが、タワレコはお安くお買い得


ピエール・フルニエの名盤。SACD-SHM。まだ購入してないのですが、欲しいですね・・購入された方のご感想、お待ちしてます。

イメージ 6

シュタルケルのマーキュリー盤。ステレオサウンドからのSACD。シングルレイヤー2枚組+CD2枚組という贅沢な仕様。こちらも未購入ですが、、、私もまだまだですね。。


新たに聴いた盤がありましたら、またご報告いたします