VIVA!SACD

VIVA!SACD

SACD (Super Audio CD) is a high-resolution audio disc format developed by Sony and Philips. Utilizing the Direct Stream Digital (DSD) file format, SACD provides for more accurate sound reproduction than the PCM used in the current CD format.

レイチェル・ポッジャーと仲道郁代の新録音SACDリリース

Grandissima Gravita

Grandissima Gravita 『グランディッシマ・グラヴィタ ~ 18世紀のヴァイオリン・ソナタ集』

 
バロック・ヴァイオリンの天女、レイチェル・ポッジャーの新録音です。
 
アルカンジェロ・コレッリの偉大な作品(とりわけOp.5のヴァイオリン・ソナタ集)に敬意を表し、そこからイマジネーションを探求していった18世紀の4人のヴァイオリニスト=コンポーザーたちによる「ヴァイオリンと通奏低音のためのソナタ」。それぞれがライバルや師弟など、互いに関係のあったヴィヴァルディ、タルティーニ、ヴェラチーニ、ピゼンデルのヴァイオリン・ソナタを、ポッジャーの麗しく艷やかなヴァイオリンで描きます。
東京エムプラス
 
【曲目】
ピゼンデル:
ヴァイオリン・ソナタ ハ長調/
タルティーニ:
ヴァイオリン・ソナタ イ短調 Op.2-5/
ヴェラチーニ:
ヴァイオリン・ソナタト短調 Op.2-5、
ヴァイオリン・ソナタ ニ短調 Op.2-12/
ヴィヴァルディ:
ヴァイオリン・ソナタ イ長調 Op.2-2

【演奏】
レイチェル・ポッジャー(ヴァイオリン)、
ブレコン・バロック
〔アリソン・マギリヴリー(チェロ)、
ダニエレ・カミニティ(リュート、ギター)、
マルツィン・シヴィオントキエヴィチ(チェンバロ)〕
 

シューマン:ファンタジー

シューマン:ファンタジー

デビュー30周年記念アルバムです。
 
1987年11月5日、昭和女子大学人見記念講堂でのソロ・リサイタル・デビュー以来、日本を代表する人気ピアニストとして日本の音楽シーンを走り続けている仲道郁代。2016年/17年シーズンをデビュー30周年アニヴァーサリー・シーズンと位置付け、多彩かつ充実した音楽活動が目白押しです。
デビュー・コンサートおよび同時に発売されたRCAへのデビュー・アルバムに大胆にもシューマンの大作ピアノ・ソナタ第3番「グランド・ソナタ」を選び、活動初期にはシューマン作品の演奏で高く評価されてきた仲道が、デビュー30年を機に自らの「音楽の故郷」ともいうべきシューマンに戻ってきました。
デビュー30周年を記念するアルバムのために選ばれたのは、仲道が長年録音を切望しながら果たせなかった「幻想曲」と「交響的練習曲」という大作2曲と、美しい佳品「ロマンス嬰ヘ長調」。2017年4月、カラヤン/ベルリン・フィルの録音で知られるベルリン・イエス・キリスト教会での3日間のレコーディング・セッションで収録され、仲道が描き出すシューマンのファンタジーの世界が深みのある絶美のサウンドで捉えられています。
ソニーミュージック
 
【曲目】
シューマン
1.ロマンス 嬰ヘ長調 作品28の2
2.交響的練習曲 作品13
3.幻想曲 ハ長調 作品17
【演奏】
仲道郁代(ピアノ/スタインウェイ
【録音】
2017年4月18日~20日、ベルリン、イエス・キリスト教会(DSDレコーディング)

[プロデューサー]フィリップ・トラウゴット
[レコーディング・エンジニア]マーティン・キストナー、フィリップ・ネーデル(b-sharp
 
 
録音に定評のあるChannel ClassicsとRCA、いずれもDSD録音ですから楽しみです。