VIVA!SACD

VIVA!SACD

SACD (Super Audio CD) is a high-resolution audio disc format developed by Sony and Philips. Utilizing the Direct Stream Digital (DSD) file format, SACD provides for more accurate sound reproduction than the PCM used in the current CD format.

MTT&SFSの2017年最新作が登場! ロベルト・シューマンの交響曲全集

Schumann: Symphonies Nos 1

Schumann: Symphony No.1-No.4

1995年から20年以上の長きに渡り音楽監督を務めるマイケル・ティルソン・トーマス(MTT)と、アメリカ西海岸の名門オーケストラ、サンフランシスコ交響楽団(SFS)のゴールデンコンビ。幾度となくグラミー賞に輝くなど、演奏、録音の両面が世界各国で絶大な評価を受け続けている自主レーベル「SFS-Media」からのMTT&SFSの2017年最新作は、本拠地デイヴィス・シンフォニー・ホールで2015年から16年にかけて演奏された『ロベルト・シューマン交響曲全集』のライヴ・レコーディング!このMTT&SFSのシューマン・チクルスは、現地メディアのサンフランシスコ・クロニクル紙で「すばらしい以外のなにものでもない」と大絶賛されたコンサートであり、高音質で定評のある「SFS-Media」からリリースされる全集録音への期待は高まるばかり。大成功を収めた「マーラー・プロジェクト」に続くMTT&SFSの新たな代表作の誕生です!
東京エムプラス
 
    『シューマン:交響曲全集』

【曲目】
交響曲第1番変ロ長調 Op.38《春》/
交響曲第2番ハ長調 Op.61/
交響曲第3番変ホ長調 Op.97《ライン》/
交響曲第4番ニ短調 Op.120

【演奏】
マイケル・ティルソン・トーマス(指揮)、
サンフランシスコ交響楽団

【録音】
2015年11月19日-22日(第1番)、
2016年3月30日-4月2日(第2番)、
2015年11月13日-15日(第3番)、
2016年5月19日-22日(第4番)、
デイヴィス・シンフォニー・ホール(サンフランシスコ、アメリカ)
(ライヴ)
 
私がSACDを導入して早10年・・当時から終わる終わると言われてましたが、どっこい他の高音質メディアが衰退する中、ハイレゾブームでかえってDSDが脚光を浴びたか怒涛のリリースラッシュでとても全てを追える状況ではない程に・・近頃はタワレコにユニバーサルにと過去の名盤がリリースされ、しかも新譜もドンドン。財布が厳しい中、またしても魅力的なタイトルがリリースです。
 


 
 
シューマンSACD HYBRID:タワーレコード