VIVA!SACD

VIVA!SACD

SACDに特化した偏屈ブログ

ガードナー&ベルゲンフィルのグリーグ:ペール・ギュント&ピアノ協奏曲

 

Grieg: Piano Concerto

Piano Concerto, Peer Gynt : Jean-Efflam Bavouzet(P)Edward Gardner / Bergen Philharmonic




フレンチ・ピアニズムの巨星としてラヴェルドビュッシーの作品で高い評価を得、ハイドンベートーヴェンモーツァルトなど古典派作品でも圧倒的な地位を確立したジャン=エフラム・バヴゼ。指揮者界の次代の盟主エドワード・ガードナーと、ガードナーが首席指揮者として活動しているノルウェーの名門オーケストラ、ベルゲン・フィルとの共演による、グリーグのピアノ協奏曲というビッグ・タイトルが登場!
また、もう一つのグリーグの代表作『ペール・ギュント』は管弦楽のみの組曲版ではなく、声楽や合唱、ノルウェーの民族楽器ハルダンゲル・フィドルなども加わるバージョンです。ソリストは、2015年にドミンゴ主催のオペラリア・コンペティションノルウェーのソニヤ王妃国際音楽コンクールで優勝したリーセ・ダーヴィドセンを始めとするノルウェーの有力歌手たちが参加。

グリーグ
1. 劇音楽『ペール・ギュント』 Op.23より
屋敷の婚礼の場で(第1幕の前奏曲)(第1曲)
ハリング(第2曲)
スプリンガル(第3曲)
花嫁の略奪とイングリの嘆き(第4曲)
ペール・ギュントと山羊追いの娘たち(第5曲)
ドヴレ山の王の広間にて(第8曲)
ドヴレ山の王の娘の踊り(第9曲)
オーセの死(第3幕の前奏曲)(第12曲)
朝の気分(第4幕の前奏曲)(第13曲)
アラビアの踊り(第15曲)
アニトラの踊り(第16曲)
ペール・ギュントのセレナード(第17曲)
ソールヴェイの歌(第19曲)
ペール・ギュントの帰郷(第5幕の前奏曲)(第21曲)
聖霊降臨祭(ペンテコステ)の賛美歌「祝福の朝だ」(第25曲)
ソールヴェイの子守歌(第26曲)

2. ピアノ協奏曲イ短調 Op.16

ジャン=エフラム・バヴゼ(ピアノ:2)

ホーコン・ホーゲモー(ハリングフェレ〔ハルダンゲル・フィドル〕:1)
リーセ・ダーヴィドセン(ソプラノ、第1の山羊追いの娘、アニトラ:1)
アン=ヘレン・モーエン(ソプラノ、第2の山羊追いの娘、ソールヴェイ:1)
ヴィクトリア・ナーヴァ(ソプラノ、第3の山羊追いの娘:1)
ヨハンネス・ヴァイセル(バリトンペール・ギュント:1)
ベルゲン少女合唱団(1)
ベルゲン少年合唱団(1)
エドヴァルド・グリーグ青年合唱団(1)
エドヴァルド・グリーグ合唱団(1)
ベルゲン・フィルハーモニー合唱団(1)
ホーコン・マッティ・スクレーデ(合唱指揮:1)

ベルゲン・フィルハーモニー管弦楽団
エドワード・ガードナー(指揮)

録音時期:2016年6月16,17日(1)、2017年6月22,23日(2)
録音場所:ベルゲン、グリーグ・ホール
録音方式:ステレオ(デジタル/セッション)
SACD Hybrid
CD STEREO/ SACD STEREO/ SACD SURROUND