VIVA!SACD

VIVA!SACD

SACD (Super Audio CD) is a high-resolution audio disc format developed by Sony and Philips. Utilizing the Direct Stream Digital (DSD) file format, SACD provides for more accurate sound reproduction than the PCM used in the current CD format.

マイルス・デイヴィスMobile Fidelity盤再リリース?

先日のMobile Fidelityロック・ポップニュースに続き、マイルス作品も一部ですが再入荷の様です。Amazonでは12月1日発売、タワレコでは12月15日発売になってます。Amazonは価格に開きがありますが、かなりお得盤も。
既発盤がなぜ新リリース扱いかは謎ですが、取り扱いが増えてゲットできるチャンスが増える事は良い事です
*追記 Sony公式の取り扱いが始まったからの様です
 
イメージ 1イン・ア・サイレント・ウェイ
 
 

イメージ 4マイ・ファニー・ヴァレンタイン
 
イメージ 6フォア&モア

イメージ 7ネフェルティティ

イメージ 8マイルス・イン・ザ・スカイ

イメージ 9オン・ザ・コーナー

以下は何故かタワレコのみ再リリース扱いです

イメージ 10ESP
 
イメージ 12スケッチ・オブ・スペイン

イメージ 13ラウンド・アバウト・ミッドナイト
 
「カインド・オブ・ブルー」が安く出回ると嬉しいのですが・・
Mofi盤
国内盤シングルレイヤー
国内盤HYBRID:マルチチャンネル


香港版
イメージ 17 Amazon 

「マイルスをSACDで聴け!」。CDではいけないのか?まったくそんなことはありません。同じ音楽です。どう例えたら判りやすいでしょうか? 行きつけの寿司屋で目の前にポンと置かれた握りたての寿司を1~4秒以内に口に運ぶのと、友人とビール飲みながら話に夢中になっていて5分たってしまった。あるいは回転寿司で10周くらい廻った皿でも消費期限時間内なら同じく寿司です。その差とは「たったそれだけなの!?」とも「それは大変!」とも捉えられるのです。どちらでしょう?個人の価値観の違いです。味はどうでもいいからお腹いっぱい食べられれば幸せな人。どこかに「個人の歴史」と「記憶」のはなしがありましたが、味覚も聴覚も個人の経験値なのです。音や音楽はどうでもいい人。どうでもいい人は、マイルスなんか聴かなくていいんです。人生の時間の無駄です。だからできるなら、とりわけ初めてこれを聴く子供たちにこそ「マイルスをSACDで聴け!」なのです。「ソー・ホワット」のイントロのピアノ、ベースからリズムが刻まれ、キャノンボール・アダレイコルトレーン、そしてマイルスが、プファー、プファとリフが入ったところでもう鳥肌です。SACDでは演奏のディテイルが全部、聞き取れます。みなさまそれぞれに熱い想いがあると思いますので、あえて私ごときがマイルスについてこれ以上は述べられません。JT (オノ セイゲン)