VIVA!SACD

VIVA!SACD

SACD (Super Audio CD) is a high-resolution audio disc format developed by Sony and Philips. Utilizing the Direct Stream Digital (DSD) file format, SACD provides for more accurate sound reproduction than the PCM used in the current CD format.

第55回レコードアカデミー賞受賞SACD

イメージ 2

音楽之友社:第55回レコードアカデミー賞受賞SACDです

協奏曲部門
イメージ 1
ショスタコーヴィチ:ヴァイオリン協奏曲第1番2番:フランク・ペーター・ツィンマーマン&アラン・ギルバート&北ドイツ放送交響楽団
ツィンマーマンが2丁のストラディヴァリウス(1番は1711年製LadyInchiquin、2番は1713年製exRodewalt)で演奏したショスタコーヴィチのヴァイオリン協奏曲が受賞しました。このアルバムはBBCミュージックマガジン2017年3月月刊賞、グラミー賞2018年ノミネート作品でもあります。


特別部門:録音
イメージ 3
マーラー交響曲第3番 イヴァン・フィッシャー&ブタペスト祝祭管弦楽団
イヴァン・フィッシャー&ブタペスト祝祭管弦楽団によるマーラー交響曲シリーズ第7弾の第3番。
グラモフォン・マガジン2017年6月エディターズチョイス、PRESTレコーディング・オブ・ザ・イヤーのファイナリストにも選出されています。


特別部門:企画・製作
イメージ 4
2007年から始まった飯森範親と山形交響楽団モーツァルト全曲演奏会、10年間の集大成とも言える交響曲全集。13枚組SACDの大ボリュームです。


名盤再発が目立ってしまうSACDですが、新録音も要注目盤が多いものです。私もついつい名盤の全集に予算を使い、新譜に回らずで・・聴けてない新譜が多いので、なんとか捻出して新譜も聴かなければと思います。