VIVA!SACD

VIVA!SACD

SACD (Super Audio CD) is a high-resolution audio disc format developed by Sony and Philips. Utilizing the Direct Stream Digital (DSD) file format, SACD provides for more accurate sound reproduction than the PCM used in the current CD format.

ワーナー×タワレコSACD第14弾


イメージ 1
エルガーエニグマ変奏曲 序曲「コケイン」威風堂々1番~5番 ジョン・バルビローリ フィルハーモニア管弦楽団  タワーレコード


タワーレコード・オリジナル企画盤 WARNER x TOWER RECORDS
高音質に特化したSACDシリーズ 名盤に相応しい音で蘇る!
最新「Definition Series」 第14弾
バルビローリ、ジュリーニ の2点
旧EMI音源の名盤 ステレオ録音 世界初SACD化!
1. バルビローリ&フィルハーモニア管、他/エルガーエニグマ変奏曲、威風堂々第1-5番、他
2. ジュリーニ&ウィーン響、シカゴ響/ブルックナー交響曲第2番、第9番(2枚組)
2,900円+税、2枚組5,000円+税 限定SACDハイブリッド盤
全て、本国オリジナル・アナログマスターからの最新リマスタリング
(SACD層、CD層、それぞれ別個にマスタリング)
マスタリング・エンジニア:杉本一家氏
豪華デジパック仕様、藤野竣介氏、浅里公三氏による、各新規解説付き、オリジナル・ジャケット・デザイン使用
 株式会社ワーナーミュージック・ジャパンとと東京電化株式会社のご協力による「DEFINITION SERIES」最新第14弾は、バルビローリとジュリーニ、それぞれが思い入れの深い曲目を録音した名盤を取り上げます。録音は両者とも元々多く、バルビローリはモノラル期以前からLP全盛期前まで活躍、ジュリーニは最晩年までDGを始めSONY CLASSICALにも録音を残しており、多くのファンがいる名指揮者です。もちろん今回復刻する曲以外にも名盤は多々ありますが、今回の盤は元々録音状態も良く、SACD化するに相応しい音源でした。さらに音質的にも共通点があり、今回の復刻であらたな感銘・感動をお届けできると思います。