VIVA!SACD

VIVA!SACD

SACD (Super Audio CD) is a high-resolution audio disc format developed by Sony and Philips. Utilizing the Direct Stream Digital (DSD) file format, SACD provides for more accurate sound reproduction than the PCM used in the current CD format.

飯森範親&日本センチュリー交響楽団のハイドン交響曲集第4弾 オレグ・クリサのシューベルト&シューマン

イメージ 1
ハイドン交響曲集 Vol.4  飯森範親 日本センチュリー交響楽団
一大プロジェクト「ハイドンラソン」から、第5回・第6回コンサートのライヴ録音盤です。
飯森&日本センチュリーのパフォーマンスは回を重ねるごとにクオリティが高められ、ハイドン演奏としては国内随一ともいえるタッグとなっています。彼らが丁寧に紡ぐ、柔らかく晴々とした響きが心地良い、優美なハイドンの世界をどうぞお楽しみください。
(オクタヴィア・レコード)
【曲目】
ハイドン
交響曲第7番 ハ長調 Hob.I:7 「昼」
交響曲第58番 ヘ長調 Hob.I:58
交響曲第19番 ニ長調 Hob.I:19
交響曲第27番 ト長調 Hob. I:27
【演奏】
飯森範親(指揮)
日本センチュリー交響楽団
【録音】
録音時期:2016年6月17日(第7番、第58番、第19番)、8月12日(第27番)
 録音場所:大阪、いずみホール
 録音方式:ステレオ(DSD/ライヴ)
 SACD Hybrid
 2ch HQ (CD STEREO/ SACD STEREO)

イメージ 2
シューベルトシューマン オレグ・クリサ バリー・スナイダー
豊かな詩情と渋い色調が織り合わさる、格調高きデュオ

ヴァイオリンの名匠オレグ・クリサのエクストン第2弾CDは、シューベルトシューマンの作品集です。ロマン派の名作を、ヴァイオリンとヴィオラで優美に奏でます。共演のバリー・スナイダーも、国際的に高い評価を受ける、名ピアニスト。彼らの間で生まれるアンサンブルは、奥ゆかしくも豊かな歌心で、古き良き伝統を感じさせます。
 テクニックを表に出すことなく、ロマンティックな音楽を紡ぐ、まさに巨匠による演奏。(オクタヴィア・レコード)

【収録情報】
シューベルト
1. ヴァイオリンとピアノのための二重奏曲 イ長調 Op.162, D.574
2. アルペジョーネとピアノのためのソナタ イ短調 D.821

シューマン
3. ヴァイオリンとピアノのためのソナタ第1番イ短調 Op.105
4. アダージョアレグロ 変イ長調 Op.70

 オレグ・クリサ(ヴァイオリン:1,3、ヴィオラ:2,4)
 バリー・スナイダー(ピアノ)

 録音時期:2017年5月16-18日、2018年1月9-11日
 録音場所:神奈川県、相模湖交流センター
 録音方式:ステレオ(DSD/セッション)
 SACD Hybrid
 2ch HQ (CD STEREO/ SACD STEREO)

【オレグ・クリサ(Oleg Krysa)】
ダヴィド・オイストラフの高弟。パガニーニ国際コンクール優勝等、数々の国際コンクールで入賞。世界各地でソロリサイタル、オーケストラやアンサンブルとの共演で大成功を収める。北米、ヨーロッパ、スカンジナビア、東欧、ユーラシア地域、アジア、オセアニアの国々にて、マスタークラス指導。他、世界各国の音楽祭やパガニーニ国際コンクールなどの審査員、オイストラフ国際コンクールの審査委員長を務める。また、現代音楽の擁護者でもあり、数々の著名な作曲家たちと親密に活動し、彼らから献呈された多くの作品を初演した。日本には2009年度東京藝術大学客員教授に招聘された他、仙台ヴァイオリンコンクール、大阪室内楽コンクールをはじめ多くのコンクールで審査員として来日している。
また、優秀な指導者として、キエフ音楽院、モスクワ音楽院などで指導にあたり、現在ニューヨークのイーストマン音楽学校教授。(メーカー資料より)