VIVA!SACD

VIVA!SACD

SACD (Super Audio CD) is a high-resolution audio disc format developed by Sony and Philips. Utilizing the Direct Stream Digital (DSD) file format, SACD provides for more accurate sound reproduction than the PCM used in the current CD format.

ストラヴィンスキー:『ペトルーシュカ』『かるた遊び』 ワレリー・ゲルギエフ&マリインスキー歌劇場管弦楽団

Petrushka/Jeu De.. -Sacd-

Petrouchka, Jeu de Cartes : Valery Gergiev / Mariinsky Orchestra

随分前にリリース情報があったのですが、何故かリリースが延び、一旦は消えていたのですが、無事発売予定に再登場。個人的に楽しみにしていたので嬉しいです

 
ゲルギエフ&マリインスキー劇場管弦楽団によるストラヴィンスキーの「ペトルーシュカ」。SACDハイブリッド盤がついに登場となります。
ゲルギエフマリインスキー劇場管はストラヴィンスキーの三大バレエを来日公演でも披露しているため、いかにもディスクが存在していそうですが、「春の祭典」と「火の鳥」は前世紀の録音、「ペトルーシュカ」はワールド・オーケストラ・フォー・ピースとのものしかありません。
手兵マリインスキー劇場管との演奏がようやくカタログに載ることとなりました。「ペトルーシュカ」はパリで初演されたこともあり、ロトをはじめとする純フランス風な演奏も魅力的ですが、ゲルギエフはあくまでロシア音楽として、しかもオリジナル1911年版にこだわりを示しています。その成果は十二分に発揮されていて、若きストラヴィンスキーのエネルギーに満ちた煌めく音響と骨太な音楽世界が広がります。4管編成の大オーケストラも素晴らしい統率力で突進させます。ひさびさの豪快な「ペトルーシュカ」と申せましょう。また、後半のおどろおどろしい表現も神業です。
カップリングは「かるた遊び」。1937年、ストラヴィンスキー新古典派時代の作ですが、ゲルギエフの聴かせ所のツボを押えた解釈で楽しさ満点。乾いた新古典主義という先入観とは大違いの、ペトルーシュカなどと遠くない味わいを感じることができます。
(キングインターナショナル)
 
ストラヴィンスキー
(1)バレエ音楽ペトルーシュカ」(オリジナル1911年版)
(2)バレエ音楽「かるた遊び」
【演奏】
ワレリー・ゲルギエフ(指揮)
マリインスキー劇場管弦楽団
【録音】
2014年1月14日(1)、12月26, 29, 31日(2)/マリインスキー・コンサート・ホール

SACD Hybrid版盤
マルチ・チャンネル

ワレリー・ゲルギエフSACD HYBRID:タワーレコード