VIVA!SACD

VIVA!SACD

SACD (Super Audio CD) is a high-resolution audio disc format developed by Sony and Philips. Utilizing the Direct Stream Digital (DSD) file format, SACD provides for more accurate sound reproduction than the PCM used in the current CD format.

リパッティ生誕100年、ウルトラセブン放送開始50年、アビーロードスタジオDSD11.2新マスターでリパッティのシューマン&グリーグ

シューマン&グリーグ:ピアノ協奏曲(2018 DSD 11.2 MHzマスターによる)ウルトラセブン50th&リパッティ100th

シューマン&グリーグ:ピアノ協奏曲(2018DSD11.2マスター) ディヌ・リパッティ ヘルベルト・フォン・カラヤン フィルハーモニア管弦楽団 *シングルレイヤーSACD

 
 
2018年9月1日と8日、放送から50年を迎える「ウルトラセブン」最終回。最後の戦いに挑むモロボシ・ダンが、相思相愛のアンヌ隊員に自らがウルトラセブンであることを告げる印象的なシーンに流れるのが、ディヌ・リパッティのピアノ、カラヤン指揮フィルハーモニア管弦楽団による、シューマンのピアノ協奏曲であることは、セブンファンなら周知のとおり。33歳で夭逝した天才リパッティ、そして鬼気迫るこの演奏は、それでなくても名演でありこれまでも幾度となく再発売されてきました。
 そのリパッティ生誕100年、そしてウルトラセブン放送開始50年にあたる2017-18年、アビーロードスタジオがこの企画の為におこしたDSD11.2ナチュラルによる新マスターでこの録音史上最大の再発売がたちあがります。
 また、デザインは期間限定で、描き下ろしセブン&リパッティスリーブケース(予定)、別冊24P(予定)セブン&リパッティブックレット、青山 通氏による最終回登場箇所の譜面と解説、「セブン」音楽の作曲者である冬木 透氏新音源を聴いての対談(2018年)。リパッティ盤オリジナルジャケット。(メーカー資料より)

【収録情報】
1. シューマン:ピアノ協奏曲イ短調 Op.54
2. グリーグ:ピアノ協奏曲イ短調 Op.16

 ディヌ・リパッティ(ピアノ)
 フィルハーモニア管弦楽団
 アルチェオ・ガリエラ(指揮:2)
 ヘルベルト・フォン・カラヤン(指揮:1)

 録音時期:1947年(1)、1948年(2)
 録音場所:ロンドン
 録音方式:モノラル(セッション)

 アビー・ロード・スタジオにてオリジナル・アナログ・マスターテープより11.2MHZ DSD化した新規マスター使用。
 SACD Single Layer