VIVA!SACD

VIVA!SACD

SACD (Super Audio CD) is a high-resolution audio disc format developed by Sony and Philips. Utilizing the Direct Stream Digital (DSD) file format, SACD provides for more accurate sound reproduction than the PCM used in the current CD format.

レミ・バローのブルックナー:交響曲第5番(SACDハイブリッド)が「輸入盤」で再登場

Bruckner: Symphonie V

ブルックナー交響曲第5番(2SACD) レミ・バロー 聖フローリアン・アルトモンテ管弦楽団

 
GRAMOLAレーベルからリリースされた本作。国内流通盤のみでしたが、どうやら国内代理店が事業停止したらしく、それは残念な知らせであるものの、輸入盤が流通するようになったようで、安くなったのは嬉しいものです。
 
チェリビダッケが病気になってパリのアパートメントを離れることができなかったことで、16歳から彼が亡くなるまでの3年間、彼に師事することができたのは幸運でした。初めは弦楽四重奏の演奏を見てもらっていました。すると何回目かのレッスンで突然チェリビダッケが「お前、指揮してみろ」と。そのとき生まれて初めて指揮をしました。この時以来、私は指揮者を志すようになりました。―レミ・バロー
2011年よりブルックナーの聖地ザンクト・フローリアンでの「ブルックナー音楽祭」の指揮者を務め、既にライヴ録音によるブルックナー交響曲を4曲リリースし、ブルックナー・ファンの熱い話題を呼んでいるフランスの指揮者、レミ・バロー(1977~)。フランス、パリ出身。幼い頃にヴァイオリンを始め、パリ国立高等音楽院ジェラール・プーレに師事。一等賞を獲得して卒業しています。同時に最晩年の巨匠セルジュ・チェリビダッケに指揮の個人レッスンを受ける幸運に恵まれ、指揮者を志すようになりました。現在はウィーンを拠点として指揮者、ヴァイオリニストとして活動しています。

2017年は「ブルックナー音楽祭」の20周年にあたり、8月18日の記念演奏会はレミ・バロー指揮により交響曲第5番が演奏されました。その豊かで拡がりのある響きは上記サンプル画像にある通り。SACDハイブリッド盤の優秀録音により、ブルックナー雄大な響きにとことん浸りたいリスナーの方々に、心からおすすめいたします。
 
【曲目】
交響曲 第5番 変ロ長調 ZAB105
第1楽章:23'29
第2楽章:22'42
第3楽章:15'17
第4楽章:28'00

【演奏】
レミ・バロー指揮
ザンクトフローリアン・アルトモンテ管弦楽団

【録音】
2017年8月18日、聖フローリアン修道院教会でのライヴ録音
SACD/CD Hybrid