VIVA!SACD

VIVA!SACD

SACD (Super Audio CD) is a high-resolution audio disc format developed by Sony and Philips. Utilizing the Direct Stream Digital (DSD) file format, SACD provides for more accurate sound reproduction than the PCM used in the current CD format.

ブローメンダール演奏の「チェロのカントラル・ボイス」がSACDハイブリッド盤で登場

 
 

f:id:VIVASACD:20191110125656j:plain

Coenraad Bloemendal : The Cantorial Voice of Cello
 
SACDハイブリッド盤。かつて古楽室内楽を中心に数々の名盤をリリースしたニューヨークの「Dorian Recordings」は2005年にバージニア州に拠点を構える「SONO LUMINUS」レーベルに買収されました。当ディスクは「SONO LUMINUS」レーベルからのライセンス盤で、香港の「SILKROAD MUSIC」レーベルから発売したSACD Hybrid盤です。 1946年オランダ生まれのチェロ奏者コンラート・ブローメンダールはアムステルダム音楽院にてアンナー・ビルスマに師事。その後渡米し、ヤーノシュ・シュタルケル、ウィリアム・プリムローズに室内楽を学びました。70年代よりカナダに拠点をうつしソリストとして活躍。80年代からは室内楽に傾倒し、トロント・チェンバー・プレーヤーズ、トロント七重奏団、アマティ弦楽四重奏団らと共演。また、1986年にはヴァイオリンのジェラルド・カンタージアン、ピアノのヴァレリー・トライオンとともにレンブラント・トリオを結成。カナダ、アメリカほかでツアーを大成功させ、「Dorian Recordings」から5タイトルのアルバムをリリースしました。 「チェロのカントラル・ボイス」はメンデルスゾーンのチェロ・ソナタ第2番を主軸にブロッホ、グリック、グランツ、ポッパーなども収録しており、ブローメンダールが奏でるチェロの音色の美しさと雄弁な語り口が聴きものです。演奏の素晴らしさはもちろんのこと、優秀録音として評価の高い「Dorian Recordings」の名盤がSACDハイブリッド盤で聴けるのは非常に喜ばしいことです。(輸入元情報)

【収録情報】
1. メンデルスゾーン:チェロ・ソナタ第2番ニ長調 Op.58
2. オッフェンバック:アンダンテ~協奏的大二重奏曲 Op.34-1
3. ポッパー:レクィエム Op.66(3つのチェロとピアノ編)
4. ポッパー:いつかの美しいあの日のように Op.64-1
5. ブルッフ:コル・ニドライ Op.47
6. グランツ:無伴奏チェロのためのタル(ブローメンダール編曲)
7. ブロッホ:祈り~ユダヤ人の生活より
8. ラヴェル:カディッシュ~2つのヘブライの歌より第1番(チェロとピアノ編)
9. ベン=ハイム:3つの無言歌集(アリオーソ/バラード/ユダヤのメロディ)
10. グリック:祈りと踊り
 
コンラート・ブローメンダール(チェロ) ヴァレリー・トライオン(ピアノ:1,3,4,5,7,8,9,10) アンドレス・ディアス(チェロ:2,3) アンドリュー・マルク(チェロ:3)
録音時期:1994年5月 録音場所:ニューヨーク、トロイ貯蓄銀行ホール 録音方式:ステレオ(デジタル/セッション) SACD Hybrid