VIVA!SACD

VIVA!SACD

SACD (Super Audio CD) is a high-resolution audio disc format developed by Sony and Philips. Utilizing the Direct Stream Digital (DSD) file format, SACD provides for more accurate sound reproduction than the PCM used in the current CD format.

映画監督ベルイマン生誕100年記念。 映画『秋のソナタ』に基づく歌劇をリリース! オッターがシャルロッテ役で出演!

Hostsonaten

ファーゲルルンド:歌劇『秋のソナタ』全曲(2014-16)

Amazon

 
シベリウス:「交響詩と歌曲集」(タワーレコードではCD表記ですが、SACD HYBRIDです)Amazon タワーレコード
 
SACDハイブリッド盤。スウェーデンの映画監督ベルイマン[1918-2007]の生誕100年を記念する2018年、ローランド・ペンティネンの『イングマール・ベルイマン監督作品の音楽』につづくアルバムが、BISレーベルからリリースされます。フィンランド国立歌劇場の委嘱で制作された歌劇『秋のソナタ』。イングリッド・バーグマンとリヴ・ウルマンが主演したベルイマンの1978年の映画『秋のソナタ(Hostsonaten)』に基づきフィンランドの作家グニッラ・ヘンミング[1955-]がスウェーデン語の台本を執筆、フィンランドのセバスチャン・ファーゲルルンド[1972-]が作曲した作品です。

「秋。牧師館に住むエヴァと夫ヴィクトルは、彼女の母シャルロッテの訪問を心待ちにしている。シャルロッテはコンサート・ピアニストとして忙しく、7年の間、娘たちと会っていない。エヴァとヴィクトルは3歳の息子エーリクを水の事故で亡くし、シャルロッテもパートナーのレオナルドに先立たれている。シャルロッテが牧師館に着くと、障害をかかえ、彼女が施設に入れたはずのヘレナをエヴァが引き取っていた。母と娘の間の緊張が次第に高まっていく・・・」。

ヘンミングとファーゲルルンドは、このストーリーを序曲、第1景「牧師館で」から第13景「ヘレナの部屋の外で」までの第1幕、第14景「ヘレナの部屋の外で」から第19景「エピローグ」の第2幕に構成。牧師館の「現在」の中に「コンサートホールで」(第3景)「シャルロッテと聴衆」(第5景)、「シャルロッテエヴァと聴衆」(第7景)、「墓地で」(第9景)、口のきけないヘレナが突然、語り始める場面(第17景)と、異なる時と時間の出来事が多層的に組みこまれ、ベルイマンが「現実」の中で描いた相克が、現実と空想を極限まで広げたステージに表現されます。作曲者ファーゲルルンドの音楽は「豊かな響き、速い動き、多面的でありながらモダニズムの厳格さを嫌う」スタイルが特徴として指摘されています。 『秋のソナタ』は、第2次ロシア・スウェーデン戦争(1808~09)に題材を採った『デーベルン』に次ぐ彼のオペラ第2作です。初演は、2017年9月8日、フィンランド国立歌劇場。注目はシャルロッテをメゾ・ソプラノのアンネ・ゾフィー・フォン・オッター[1955-]が歌っております。また『フィデリオ』のタイトルロールでメトロポリタン歌劇場にデビューしたソプラノのエリカ・スンネゴード[1966-]がエヴァを歌っています。指揮者のヨン・ストゥールゴールズ[1963-]は、2015年までヘルシンキ・フィルハーモニックの首席指揮者を務め、現代音楽を主なレパートリーに欧米のオーケストラを指揮しています。 このアルバムは、フィンランド国立歌劇場で初演に続いて行われた3回の公演をライヴ収録して制作されました。(輸入元情報)

【収録情報】
● ファーゲルルンド:歌劇『秋のソナタ』全曲(2014-16)
アンネ・ゾフィー・フォン・オッター(メゾ・ソプラノ/シャルロッテ) エリカ・スンネゴード(ソプラノ/エヴァ) トンミ・ハカラ(バリトン/ヴィクトル) ヘレナ・ユントゥネン(ソプラノ/ヘレナ) ニコラス・ソーデルルンド(バス/レオナルド) フィンランド国立歌劇場合唱団 フィンランド国立歌劇場管弦楽団 ヨン・ストゥールゴールズ(指揮)
録音時期:2017年9月19,23,30日 録音場所:ヘルシンキフィンランド国立歌劇場 録音方式:ステレオ(DSD/ライヴ) SACD Hybrid

セバスチャン・ファーゲルルンドSACD HYBRID:タワーレコード